本のソムリエおすすめ本を紹介する書評サイトです
本ナビ > 書評一覧 >

「日本が売られる」堤 未果

本のソムリエ 2019/01/30メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

日本が売られる (幻冬舎新書)


【私の評価】★★★☆☆(75点)


要約と感想レビュー

■ベストセラーということで
 手にした一冊です。


 水道事業の民営化、
 外国人の土地買い占め、
 種子法廃止・・など
 農業、漁業含めて大切な点について
 問題提起しています。


 というより、
 問題提起されていることを
 抽出したという感じでしょうか。


・種子法が廃止・・・安い公共種子が作られなくなると、農家は開発費を上乗せした民間企業の高価な種子(現在、公共種子の約10倍の値段)を買うしかなくなり、その分、これから日本人の主食である、コメの値段も上がっていくだろう(p39)


■確かに自由化、民営化には
 問題が多くあると思います。


 また、それ以上に公営にも
 問題があるのです。


 そのプラスとマイナスを
 分かったうえで
 制度設計していく必要が
 あるのでしょう。


 また、いくら良い制度設計でも
 それを行う事業者で結果が変わるのも
 事実なのです。


 原子力事業も金儲けに走れは東電となり、
 安全に走れば東北電力となる。
 神様は見ているのです。


・橋下市長は水道民営化のメリットを繰り返し強調し、2014年4月に水道事業の運営権(30年)を、市が全額出資する民間企業に2300億円で売る方針を発表する・・その提案があった年、大阪の水道事業は103億円の利益を上げていた・・(p28)


■読んでいて常に違和感を
 持ちました。


 それは根拠が定量的でない、薄い。
 対案がないか、例示のみ。
 プラスとマイナスの分析がない。


 つまり、着目点は良いのですが、
 あまりに内容が薄いのです。
 今後に期待します。


 堤さん
 良い本をありがとうございました。


この本で私が共感した名言

・食をコントロールする者が人民を支配し、エネルギーをコントロールする者が国家を支配し、金融をコントロールする者が世界を支配する・・ヘンリー・キッシンジャー(p41)


・イラクでは、この手法でグローバル種子企業が次々に在来種の種子を品種登録し、農民は主食の種子まで企業から高い値段で買うしかなくなり、食の主権を失ったのだ(p50)


・日本政府はアメリカ産輸入大豆のグリホサート残留基準を、しっかり5倍引き上げた・・・アルゼンチンでは、微量のグリホサートを使った実験で奇形の発生が確認され、グリホサートに汚染した地下水によって、周辺住民にがんが平均の41倍発生、白血病や肝臓病、アレルギーなどの健康被害が報告されている(p68)


・医療が売られる・・・医療目的を隠して来日し、国民健康保険に加入して高額の治療を受けにくる外国人が急増しているのだ(p194)


・日本は今人手が足りなくて、外国人でも3カ月住めば医療保険に入れるんだろう?病気になると破産するリスクがあるアメリカにいるより、日本で仕事を見つける方が心配なく暮らせるだろうな(p4)


・国が農家を守るレベルが、EUと日本では桁違い・・例えばフランスの農家は収入の9割、ドイツは7割を政府の補助金が占めている・・彼らは93年の農業交渉で関税を引き下げる際も、安い輸入品との競争で国内農家の所得が減らないよう、政府が補助金を支払って守ることにした(p89)


・中国政府は自国企業に海外の農地買収を奨励・・・ブラジルでは、株主がブラジル国外にいる外国企業による土地への投資が、環境を破壊し、家族経営農家を廃業させ、株式会社の大規模農場とそれ以外の国民の経済格差を拡大させる(p103)


・北海道ではすでに東京ドーム400個分の土地が中国資本の買い占められ、沖縄でも国が借り上げている米軍用地の10分の1がすでに中国資本による所有だという(p104)


・漁船のトン制限を取り去ることで、今後は外国の大型漁船がやってくる。EUが外国船のアクセスを自由化したことで、ノルウェー、フランス、ベルギー、オランダから大型漁船が次々に押し寄せ、地元漁師の大半が潰されてしまったイギリスの失敗例は有名だ(p122)


・2015年のOECD外国人移住者ランキングで世界第4位に輝いた日本は、どこから見ても「移民大国」だ・・欧州の移民の大半が、仕事が続かず生活保護に流れてゆく大きな理由は、言葉の壁と最安値でこき使われる仕事内容の劣悪さだ・・(p162)


・2006年に国内のパチンコ店を全廃させた韓国政府が依存症対策につける予算は、年間22億円だ(p176)


・イラクにいる時、あの戦争がテロ撲滅じゃなく石油のためで、米国民の生活を犠牲にして金儲けをしている連中がいると気づいた兵士たちがいた(p4)


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
blogranking.png


人気ブログランキングへ


日本が売られる (幻冬舎新書)
日本が売られる (幻冬舎新書)
posted with Amazonアソシエイト at 19.01.29
堤 未果
幻冬舎 (2018-10-04)
売り上げランキング: 70


【私の評価】★★★☆☆(75点)


[楽天ブックスで購入する]



目次

まえがき いつの間にかどんどん売られる日本!
第1章 日本人の資産が売られる
第2章 日本人の未来が売られる
第3章 売られたものは取り返せ
あとがき 売らせない日本



にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村


<< 前の記事 | 次の記事 >>

この記事が気に入ったらいいね!

この記事が気に入ったらシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: