本のソムリエおすすめ本を紹介する書評サイトです
本ナビ > 書評一覧 >

「いい気分はすべてを変える。」枡野 俊明

本のソムリエ 2019/01/29メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

いい気分はすべてを変える。


【私の評価】★★★★☆(81点)


要約と感想レビュー

■曹洞宗の住職が教える
 幸運を引き寄せる法則です。


 仏教の教えは、
 成功哲学と同じに感じます。


 今の現状にOKを出し、
 一歩を踏み出していく。


 自分はこの世で唯一の存在であり、
 自分の長所を活かし、
 自分という花を咲かせるのです。


・足るを知るとは、「いまのままで十分。それだけでもありがたい」という気持ちのことです・・・ないものを求めるから心が騒ぐわけです(p150)


■いい気分のコツとして、
 面白いのは「掃除」でしょうか。


 早起きし、空気を入れ替え、
 瞑想し、掃除をする。


 そういえば
 松下政経塾でも毎朝
 「掃除」を徹底していた。


 塾生から文句が出るくらいでしたが、
 松下幸之助は「掃除」もできない人が
 国家の「掃除」はできないと
 考えていたという。


・「いい気分」で一日を過ごすカギ・・毎朝、たった10分の「掃除」と「片づけ」をするのです(p49)


■今の自分をそのまま受けとめ、
 いまいる場所で行動することで
 運命を切り開いていく。


 仏教は、成功哲学としても
 使えると感じました。


 幸福になる考え方を広める仕組みとして
 宗教があり、成功哲学があるのでしょう。


 枡野さん
 良い本をありがとうございました。


この本で私が共感した名言

・思い通りにならないならば、一度そのままを受けとめ、あきらめる。それが禅の考え方です・・・受けとめられさえすれば、やるべきことにすぐ着手できるのではないでしょうか(p136)


・こんな禅語があります。「大地黄金(だいちおうごん)」どこかに輝ける黄金の大地があるのではない。どこにいても、自分が一生懸命やることによって、自分も、いまいるその場所も黄金のように輝く、という意味です(p32)


・自分が置かれている境遇、自分の周りの人たち、そのすべてに感謝の念が抱けているのなら、気分を害する要因、不機嫌になる要因などは、さほど気にならなくなるのではないでしょうか(p30)


・一日のうちでもっともコンディションがいい時間帯、それが朝なのです(p37)


・禅には「禅即行動(実行)」という言葉があります。やるべきこと、片づけなければならないことは、ただちにやるのが鉄則であると考えられています・・とどのつまり、できることはひとつだけなのです(p95)


・人は不得意にばかり目をやりがちですが、その逆に、得意なことというのも、じつは誰もが持っています(p109)


・競争者が少ない世界では、トップになれる確率はグンと上がります・・・面倒くさいこと、誰もやりたがらないことには、大いなるチャンスが隠れている(p114)


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
blogranking.png


人気ブログランキングへ


▼引用は下記の書籍からです。

いい気分はすべてを変える。
いい気分はすべてを変える。
posted with Amazonアソシエイト at 19.01.28
枡野 俊明
ソシム
売り上げランキング: 59,251


【私の評価】★★★★☆(81点)


[楽天ブックスで購入する]



目次

第一章 どうしてあなたはいい気分になれないのか?
第二章 いい気分になるためのウォーミングアップ
第三章 どんな場面でもいい気分になれる禅思考
第四章 悪い気分にとらわれないために
第五章 よりいい気分で過ごすためのQ&A


著者紹介

枡野 俊明(ますの しゅんみょう)・・・1953年生まれ。曹洞宗徳雄山建功寺住職、日本造園設計代表、庭園デザイナー、多摩美術大学環境デザイン学科教授、ブリティッシュコロンビア大学特別教授。。大学卒業後、大本山總持寺で修行。「禅の庭」の創作活動を行い、国内外から高い評価を得る。芸術選奨文部大臣新人賞を庭園デザイナーとして初受賞。ドイツ連邦共和国功労勲章功労十字小綬章を受章。また、2006年「ニューズウィーク」誌日本版にて「世界が尊敬する日本人100人」にも選出される。



にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村


<< 前の記事 | 次の記事 >>

この記事が気に入ったらいいね!

この記事が気に入ったらシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: