本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「在日特権と犯罪」坂東忠信

(2018年1月 1日)|本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

在日特権と犯罪


【私の評価】★★★★☆(86点)


内容と感想

■生活保護「なめんな」ジャンパーを、
 市職員が自費で制作して
 問題となったニュースがありました。


 そのジャンパーには、
 "彼らの不正を見つけ、私たちは彼らを追い、
  適切な処置を行うために不正を罰する。
  もし彼らが不当に利益を得るために
  私たちを騙そうとするならば、
  私たちは言いたいことを言います、
  彼らは危険です!"
 と記載されていたという。


 なぜ、彼らはこんなジャンパーを
 作ったのか、知りたくなって
 この本を読みました。。


・国籍別の生活保護受給世帯と受給率
 国籍   総世帯数 ・・ 支給率
 日本   5085万7365世帯  2.6%
 韓国・朝鮮 19万0246世帯 14.2%
 中国    23万8147世帯  1.6%
 フィリピン  3万8540世帯 10.9%
 ブラジル   6万5125世帯  2.2%
 米国     1万8035世帯  0.6%
 外国籍総数 109万3139世帯  3.6%
 2010年、総務省人口統計資料と厚生労働省被保護者全国一斉調査より(p79)


■上記のデータを見るとわかるように、
 韓国・朝鮮・フィリピンの異常な
 生活保護の受給率!


 さらに在日外国人の場合、
 通名が許されているため
 いくつかの隠し口座を持つことで
 所得を隠して生活保護を
 受給している人が多いという。


 さらに、韓国・朝鮮の人は、
 弁護士と一緒に窓口にやってきて
 窓口の人に圧力をかけるらしい。


 なぜ、このようなジャンバーを
 作ったのか、担当者の苦しみと
 使命感が少しわかりました。


・在日朝鮮民族の場合、生活保護の受給申請時には民団もしくは総連のツテで弁護士を帯同することが多いそうで、それだけで窓口は腰が引け、弁護士が騒ぎ出したら面倒になること間違いなし・・弁護士相手に揚げ足を取られれば上司にも迷惑がかかると考えるため、窓口はどうしても弱腰になります(p76)


■問題は、こうしたジャンパーを
 問題化するマスコミが、その一方で
 問題の本質を報道しないことでしょう。


 真面目に生活保護を支給しようとする
 人が罰せられる。日本は正直者が
 バカを見る社会なのです。


 この本では、年金積立をしていない
 在日朝鮮人が年金より高額の生活保護を
 もらっているという正直者がバカを見る
 制度の見直しを提言しています。


 さらに、外国人の扶養控除を利用した
 脱税にも目に余るものがある。


 こうした課題に対して
 真面目に対処しようとする人が
 評価される社会になってほしいものです。


 坂東さん
 良い本をありがとうございました。


この本で私が共感した名言

・なぜ世代が変わっても、何年も経っても、日本に帰化せず、他国にありえない世襲外国人として日本に滞在しているのか?・・外国人のままで日本に滞在することに、旨味があるからですよ(p19)


・この飛び抜けて受給率が高い在日朝鮮民族に的を絞った資料があります・・特に多く問題なのは、高齢者受給世帯です。つまり、これまで年金積立をしていないため、今更ながらにこの生活保護を利用するに至ったケースが多いということです。そして実際に受け取る金額も、年金受給より生活保護受給のほうが圧倒的に多くもらえるという点が、正直者がバカを見る社会を作っている(p86)


・外国人には通名の使用が認められています・・つい最近までは、一般外国人もこの通名の変更を届け出るたびに新しい保険証の申請受領が可能であることから複数を揃えることも可能、これを公的身分証明書として異なる複数の通名口座を開設することで税金対策、所得隠しが可能だったのです・・ただし、平成24(2012)年4月1日から免許証など公的な身分証明には必ず本名が明記されることとなり、やっとこの手を封じる第一歩が確立しております・・過去に使用された未登録通名名義による隠し口座はまだかなりの数が稼働しています(p67)


・会計検査院の調査によると、外国人と結婚した日本人や、海外に家族を残して日本で働いている外国人のうち、扶養控除の額が年間300万円以上の者の扶養控除の状況として、扶養家族の人数は平均10.2人に上り、中には26人が扶養家族になっているケースもあった・・扶養する家族が多いために扶養控除の額が非常に多額となり結果的に所得税が課税されていない人が、調査対象の6割近くに上がっている(伊田雅彦)(p71)


・民団HPの「年度別人口推移」によると、平成11(1999)年当時の在日朝鮮民族人口は63万6548人。うち46万2611人が無職って、どうなってんだよ!(p91)


・平成21(2090)年中の刑法犯に限定したデータを元に、日本人を「1」とした場合の国籍別の犯罪検挙率・・
 中国    4.05
 韓国朝鮮  3.24
 タイ    3.66
 フィリピン 2.55
 ベトナム  7.00
 アメリカ  2.27
 ブラジル  2.22
 ペルー   3.70(p157)


・日本人を含めた受刑者全体のうち、韓国朝鮮籍の割合だけを見ても、2.15%を占めているのです。日本国内にいる韓国朝鮮籍の人口割合は0.39%しかないのに、ですよ(p170)


・逮捕されても通名報道・・在日朝鮮民族の場合は被疑者の写真が掲載されても通名が日本風であるため、読者や視聴者はそれが日本人ではない外国人の犯行であることにさえ気がつきません(p67)


・戦後の日本は、朝鮮出身であることから日本国籍を離脱した朝鮮半島出身者の帰国事業を展開し、希望者を募集して帰国を進めました・・・終戦直後から在日朝鮮民族の一部が「戦勝国民」を名乗り、駅前の土地を占拠するなどの暴力的組織活動を展開したからです。この時に中心的役割を果たした組織が、「在日朝鮮人連盟」でした(p39)


・戦後のドサクサにまぎれ、在日朝鮮人の一部は「朝鮮進駐軍」などと名乗って暴力活動を展開し、彼らが奪った土地は今に至るまで在日朝民族の子孫に引き継がれパチンコ屋になったりしているのですが、これらの土地の強奪や殺人を始めとする暴力行為があまりにひどく・・警察だけでは押さえ込むことができないほどでした。そこでGHQがこれを鎮圧し「彼らは戦勝国民ではない。敗戦国民でもない。第三国民である」としたことから、当時の日本はこれらの横暴を極めた彼らを「三国人」と呼んだのです(p41)


・万引き・・店舗などからこっそりと商品を盗むイメージがあるかもしれませんが、外国人の万引きはこっそりしていないどころか、複数で入店するくせに見張りも立てず、各人が一斉に商品棚から荷物を掴み取ってバッグに突っ込んだ後、一斉に逃走します(p143)


・この在日朝鮮民族の人口を超えて日本に定着しつつあるのが中国(平成27<2015>年の登録者数は71万4570人)なのです(p16)


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
blogranking.png


人気ブログランキングへ


▼引用は下記の書籍からです。

在日特権と犯罪
在日特権と犯罪
posted with Amazonアソシエイト at 17.12.31
坂東忠信
青林堂 (2016-10-08)
売り上げランキング: 9,746


【私の評価】★★★★☆(86点)


[楽天ブックスで購入する]



目次

第1章 国際感覚を取り戻せ
第2章 移民国家日本の歴史
第3章 「犯罪特権」と「嫌韓」
第4章 日本の今後と外国人



にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村

この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: