「世界の中の日本 これからを生き抜くエネルギー戦略」金子祥三,前田正史

| コメント(0) |

世界の中の日本 これからを生き抜くエネルギー戦略

【私の評価】★★★☆☆(71点)


■日本では電力の全面自由化が
 2016年4月からスタートしました。


 さらに、再生可能エネルギーの
 固定価格買取制度により
 太陽光、風力が大量導入されています。


 このままいくと、
 日本の電気はどうなるのでしょうか。


■ヨーロッパでは、すでに
 その日本の未来を見ることができます。


 電気料金が2倍になり、
 最新鋭にガスコンバインド火力発電所が
 電気市場価格の下落で停止しています。


 これは、強制的に値段が高く、
 負荷変動の大きい風力、太陽光を
 大量導入したからです。


■そうした状況をしっかり
 教えてくれる本でした。


 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・FITは政策としては劇薬のようなもの・・・
 政策ツールは固定価格買取制度・・
 「再生エネルギーの最大の利用促進と
 国民負担抑制を最適な形で両立」とありますが、
 「最適」を計るメジャーはないのです(p19)


・年間平均設備利用率・・
 日本では太陽光で約12%、
 風力で約22%(p38)


・水素の時代は来るか・・
 天然ガスの値段より高くて、
 本当に成り立つのでしょうか(p54)


・power to gas・・再生可能エネルギーで
 電気が余り、それを水素に変える・・
 保有エネルギーが7割になり、
 それを天然ガスに変えると
 保存エネルギーが56%くらいになる・・
 大きなロスが出てきます(p55)


・再生可能エネルギーの存在する電力市場において・・・
 石炭火力の最低負荷を、従来の30~40%から
 15%まで切り下げる必要があります(p102)


世界の中の日本 これからを生き抜くエネルギー戦略

DNPアートコミュニケーションズ
売り上げランキング: 576,526

【私の評価】★★★☆☆(71点)



楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村

blogranking.png
人気ブログランキングへ


■目次

日本のエネルギー戦略を考える視点
戦略的技術革新 これが日本の生きる道
米国既設火力排出源規制案の概要と今後の見通し
欧州における発電事業の現状―電力市場への再生エネルギーの浸透から学ぶ影響と教訓
これからの電力を考える
日本の火力発電技術の世界展開



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)