「会社のITはエンジニアに任せるな! 成功率95.6%のコンサルタントがIT嫌いの社長に教えていること」白川 克

| コメント(0) |

会社のITはエンジニアに任せるな! ―――成功率95.6%のコンサルタントがIT嫌いの社長に教えていること

【私の評価】★★★☆☆(75点)


■企業ではITが仕事のベースと
 なってきています。


 しかし、そこで働いている人、
 経営者は旧来以前のまま。


 そうした中で、会社では、
 ITエンジニアが悩んでいます。


■さらには、ITにどれだけの
 投資が必要なのか。


 どうしたシステムを構築するのか。
 社内に人材をどう育成するのか。


 そうした悩ましい課題に
 参考となる一冊です。


 白川さん、
 良い本をありがとうございました。


────────────────────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・「プログラムは思ったとおりには動かない。
 書いたとおりに動くのだ」
 という格言があります(p77)


・「ちょっとだけ直して欲しい」と依頼し、
 ITエンジニアが「それには1か月かかります」
 などと答えてびっくり、・・・
 「そのうち、テストにかかる時間はどのぐらいですか?」
 と聞いてあげてください(p79)


・お客さん1名コンサルタント1名で
 ペアを組み、ペアごとにひとつの仕事に
 取り組みます。こうして協力することで
 お客さんの社内情報とコンサルタントの
 ノウハウを濃密に交換し、仕事の品質を
 上げることと、学びを両立させるのです(p160)


・役員会などで社長が決断を下すべきは、
 式年遷宮のような「簡単には効果が見えない。
 だが百年の計としてはやらなければならない、
 または大きなリスクを防ぐためにやっておいた
 ほうがいい」といった、悩ましい決断なのです(p217)


【私の評価】★★★☆☆(75点)


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村

blogranking.png
人気ブログランキングへ


■目次

第1章 なぜ、会社の武器にできないのか
第2章 成功率3割を9割に引き上げるためにやっていること
第3章 異様に高いコストを下げる方法
第4章 勘・経験・度胸に頼らない投資計画の立て方
第5章 変革リーダーを組織的に育てる
第6章 結局、我が社のITはどこを目指すのか
第7章 意思を込め、長い目で育てよう
第8章 そして、経営の足かせを武器に変える



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)