「チャンスをつかむ男の服の習慣」政近 準子

|

チャンスをつかむ男の服の習慣

【私の評価】★★★☆☆(73点)


■この暑い日に、
 きっちりスーツを着込んで、
 高そうな靴を履いた
 二人のビジネスマンを発見。


 外見だけで、
 目を引く二人でした。


 この差はどこにあるのだろう、
 と考えながら、
 服装の本を手にしました。


・お通夜はダークスーツでいいけれど
 お葬式はブラックスーツが基本とか、
 靴はローファーではダメ(p29)


■やはり、服装は、
 スーツやネクタイだけではなく、
 靴、シャツ、ベルト、鞄といった
 トータル勝負です。


 もちろん、
 スーツやネクタイに
 シワがよっているようではダメ。


 さらに差がつくのは、
 靴、シャツ、ベルト、鞄といった
 周辺の小物なのです。


・5万円のスーツに1万円の靴の組み合わせではなく、
 3万円のスーツに3万円の靴のほうが
 断然、見栄えがします(p92)


■秋に向けて、これから
 ワードロープを調整していきます。


 まずは、靴とシャツでしょうか。


 政近さん、
 良い本をありがとうございました。


────────────────────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・グレーのVゾーンは、実は非常に合わせやすく
 失敗が少ないのに比べ、ネイビーのスーツは
 場合によっては、なんだかなぁ・・(p52)


・ボタンダウンシャツ
 「ポロ競技用」の歴史的背景があり
 カジュアルに属する、ということを
 知ったうで着用を。(p59)


毎日ブラッシングすることで、
 スーツやコートを常に輝かせる・・・
 習慣として続けるためにも、
 1万円以上はするブラシを、(p101)


・100円のシューキーパーを入れる習慣は
 1000万円の価値に(p109)


・靴べらを使う、
 靴紐をほどいて
 脱ぎ履きする(p116)


チャンスをつかむ男の服の習慣
政近 準子
KADOKAWA/中経出版
売り上げランキング: 47,357

【私の評価】★★★☆☆(73点)


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 

人気ブログランキングへ


■目次

Chapter 1 ひとつ上を目指すにはライフスタイルから見直す
Chapter 2 自分にふさわしい服を考える
Chapter 3 ランクアップした服を選ぶ
Chapter 4 チャンスをつかめる男は準備ができている≪毎日の習慣 編≫
Chapter 5 チャンスをつかめる男は準備ができている≪週・月の習慣 編≫
Chapter 6 「ポストカジュアル」で差をつける
Chapter 7 評価が2ランク上がるプライベート服


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ20.png
にほんブログ村



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)