「ヴァージン―僕は世界を変えていく」リチャード・ブランソン

|

ヴァージン―僕は世界を変えていく

【私の評価】★★★☆☆(77点)


■ヴァージン・グループの創業者
 リチャード ブランソンの自伝です。


 ドラッグから夜這い、そして脱税と、
 起業したての頃は、
 はちゃめちゃといったイメージ。


 それでも、レコード販売から、
 レコードレーベルを立ち上げ、
 事業の基礎を作っていきます。


・1972年3月にリヴァプールのボールド通りに
 ヴァージン・レコード・ショップを開店したとき、
 最初の一週間で一万ポンドを達成・・・
 一週間後は、7000ポンドになり、翌週の売上は3000ポンドに
 下がった。夏の盛りには2000ポンドにまで下がり、
 何がうまくいっていないのか調べにいった(p136)


■飛躍のきっかけは、
 レコードの製造から物流を委託することで
 ハイリスク・ハイリターンのビジネスで勝利したこと。


 そして、ヴァージン航空を立ち上げたこと。


 その間、雑誌を創刊したり、
 映画を作ったり、冒険をしたり・・・。


 自分の感性でどんどん挑戦していくという
 感じでしょうか。


・サイモンと私は製造と物流を委託する方を選択することにした。
 これは「プレッシング・アンド・ディストリビューション」・・・
 とよばれる、大胆な決断だったが、
 成功するには大胆にやるしかないということを、
 私は心得ていた(p161)


■後半は、ブリティッシュ・エアウェイズから
 営業妨害により
 ヴァージン航空が倒産しそうになります。


 新しい勢力への旧勢力の圧力は、
 日本だけではないのですね。


 今もヴァージングループは多角化を進め、
 元気に稼いでいるようです。


 ブランソンさん、
 良い本をありがとうございました。


─────────────────────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・いつも僕たちは、両親から"チャレンジ"を課されていた・・・
 母は僕たちに独立心を植えつけようとした。
 僕が四歳のとき、彼女は家から数キロ離れたところで車を止め、
 僕に草原を横切って自分で自宅まで戻るようにといった(p26)


・クリスマス・ツリーを育てたら儲かるかもしれない、と思った・・
 裏庭に400本の苗木を植えた。・・
 地上に残っていたのは一本か二本の小さな小枝だけで、
 ほかは全部ウサギに食べられてしまっていた(p51)


・映画製作のような危険なビジネスは
 しばらくの間ほかの会社に任せ、撤退することを決めた・・・
 映画では500万ポンドといえば、そのものずばりである。
 全額を即金で払い、たちまちのうちに映画製作に使われてしまい、
 その映画の成功や将来の映画の保証は何もない。
 これは一か八かの勝負である。(p256)


・イギリスの伝統に従って多額の配当を払うことは、
 まったく気がすすまなかった。
 利益を再投資して会社の力をつけ、
 株価を上げるというアメリカや日本の
 やりかたの方が気に入っていた(p314)


・上場会社の50%の株式の保有が会社を支配するためには重要だと、
 ほとんどの人が考える。これは論理的には正しいが、
 代表権を持たない役員を任命したり、
 シティを満足させるために時間を割いたりして、
 ほとんどの場合、自分はコントロールの力を失うことになる(p314)


・私は京都のヴァージン・メガストアの候補地を訪問した。
 マイク・インマンと私は東京から京都まで電車で行った。
 電車は「新幹線」と呼ばれ・・・
 まるで飛行機に乗っているようだった・・
 「イギリスの列車もなぜこうなれないのだろう」(p480)


・金融サービスの世界はミステリーと暴利に覆われているので、
 ちんぷんかんぷんの専門用語を使わず、
 隠された落とし穴をなくせば、
 ヴァージンが参入する余地があるのではないかと、
 私は本能的に感じた(p589)


・ヴァージンがしようとしていることは、
 一分野で、単一の旗の下に、
 ひとつの巨大な会社を作るのではなくて、
 200いや300もの別々の会社を作ることだ。(p632)


ヴァージン―僕は世界を変えていく
リチャード ブランソン
阪急コミュニケーションズ
売り上げランキング: 164,596

【私の評価】★★★☆☆(77点)

■目次

第1章 チャレンジはわが家の教育
第2章 16歳の試行錯誤
第3章 「スチューデント」がいのち
第4章 ヴァージン・レコード創業
第5章 脱税旅行の豊かな代償
第6章 ショップ、スタジオ、そしてもう1つ
第7章 「チューブラー・ベルズ」大ヒットの顛末
第8章 公私ともどもの綱渡り
第9章 セックス・ピストルズ騒動
第10章 情事、そしてピストルズの分裂
第11章 多面化と不況の嵐
第12章 損益計算書は大逆転
第13章 君は誇大妄想狂だよ
第14章 ヴァージン航空の処女飛行
第15章 大西洋横断へのチャレンジ
第16章 ビッグバンの後はポップを少々
第17章 熱気球とBAと株価大暴落
第18章 ヴァージン・リテールの再編成
第19章 ビジネスも太平洋横断も日本で
第20章 湾岸戦争の人質救出作戦始末
第21章 太平洋横断気球冒険旅行
第22章 私はBAの不倶戴天の敵か
第23章 二つの転換点
第24章 襲撃は警告もなくやってくる
第25章 「ブランソンの気球は爆発するか」
第26章 BAのダーティ・トリックス
第27章 借金とBAとの挟み撃ち
第28章 失ったものと得たもの


この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)