本のソムリエが一日一冊、おすすめの書籍を紹介します。
本ナビ > 書評一覧 >

「人生のズレを修正するために今すべきこと 理想と現実のギャップを埋める4つの扉」沼倉 裕

(2014年2月24日)|

人生のズレを修正するために今すべきこと  理想と現実のギャップを埋める4つの扉 (角川フォレスタ)

【私の評価】★★★★★(90点)


■インターネットで稼ぐ沼倉 裕さんの一冊です。


 「ジェフリー式アフィリエイトプログラム」は
 詐欺ではないかと言われています。


 本書だけを読めば、
 だれも詐欺のような商品を売っている人とは、
 思えまいでしょう。


■自分に投資する。


 すべて自分でやらない仕組みを作る。


 こうした内容が、沼倉さんの商品を買いましょう!
 という導入だとしたら、
 すばらしい書き手だと思います。


 うまくいかなくても、
 その経験は自分のためになるとまで、
 書いています。


 素晴らしい。
 ありがとうございます。


■私がこの本で共感したのは次のとおりです。


・「なんとなく」をやめる・・・
 意味を持たせないと、
 意味がある結果に繋がらない(p62)


お金は目標に近づくためのツール・・・
 お金そのものが目標となってしまっている人が
 非常に多いのが現実です。そうなると、
 有効な支出ができなくなる場合があります(p95)


・手取りが100万円を超えたら、余裕資金の
 50%を使うようにしましょう。40万円程度を
 使うことになります。人に会うための交通費、
 食事代、知識を深めるための書籍など、
 無理やりに目的を作ってでも支出します(p96)


・世の中でキラキラ輝いて見える人は、
 100%全員が何かしら未来へ投資しています。
 会社の給与や副業など何でもよいのですが、
 そこから生まれたキャッシュフローの中から
 必ず一定割合の投資をしていく、という姿勢が
 未来を変えます(p92)


・経営者として人を使うようになって
 妥協することを覚えました・・・
 細かい点では妥協を繰り返します。
 そのほうが全体では妥協のない
 目標達成ができるからです(p136)


・別のステージに行きたいなら、
 そのステージにいる人たちに
 引き上げてもらう必要があります。
 それこそが、別ステージに行く入口なのです(p146)


・私の場合は「今」を3か月後までと定義しています。
 ビジネスでもプライベートでも、
 「今やるべきこと」に
 「3か月後までに成し遂げる目標
 を設定して行動します(p178)


・最終的には必ず「自分で作業しない」ことを
 目指す・・・単刀直入に言えば
 「外注化できる仕組み」を作ってください(p180)


・私は貧乏学生だった頃にも片道30万円の飛行機の
 チケットを買って、会いたい起業家に急遽会いに
 行ったりしていました。そのくらいの行動力を
 発揮しないと、人生が変わるような出来事には
 出会えません(p211)


・あなたが経験することは、すべてあなたの血となり
 肉となります。・・そのなかでも、一見マイナスに
 見える出来事は、あなたにとって価値の高い
 インプットです(p216)


人生のズレを修正するために今すべきこと  理想と現実のギャップを埋める4つの扉 (角川フォレスタ)
沼倉 裕
KADOKAWA/角川学芸出版
売り上げランキング: 158,078

【私の評価】★★★★★(90点)


■目次

序章 無限の可能性を引き出す5つの鍵
第1の扉 金銭感覚のズレを修正する
第2の扉 人間関係のズレを修正する
第3の扉 時間管理と目標設定のズレを修正する
第4の扉 行動指針のズレを修正する


この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


無料メルマガ「1分間書評!【一日一冊:人生の智恵】」
まぐまぐ殿堂入り、発行部数11,000部
メルマガ登録ホームページ発行者の日記


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
18,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。


この記事のシェアをお願いします

この著者の本 : , ,



同じカテゴリーの書籍: