「体を壊す13の医薬品・生活用品・化粧品」渡辺 雄二

|

体を壊す13の医薬品・生活用品・化粧品 (幻冬舎新書)

【私の評価】★★★☆☆(77点)


■現代社会は、シャンプー、石けん、
 歯磨き粉、入浴剤、合成調味料などの工業製品に
 取り囲まれて生活しています。


 こうした普通の生活用品に対して、
 実は健康に悪いのでは?
 という問いかけをしてくれる一冊です。


 シャンプーで髪が薄くなる・・・
 といわれるとショックではありませんか?


・シャンプーの成分が毛根に作用し、
 髪が抜けやすくなる(p60)


■私が怖いと思うのは、
 カロリーオフ食品です。


 これらの食品には、アスパルテーム、スクラロース、
 アセルルラムKといった甘味料が使われています。


 カロリーゼロなのに
 砂糖の数百倍もの甘みを持つ合成甘味料。


 多量に摂取すると、頭痛、めまいがおこるとか、
 脳腫瘍や白血病を起こす可能性があるという
 研究結果があるのです。


 ある種の人体実験が進行中という
 ことなのかもしれません。


アスパルテームは体内でメチルアルコールを
 分離
することがわかっています・・・
 脳腫瘍を誘発するのではないか・・・
 白血病を起こすという実験データあり(p140)


■今の社会を生きるには、
 工業製品と付き合っていくしかありません。


 無知でいるよりも、ある程度リスクを知ったうえで、
 商品を使っていきたいものです。


 渡辺さん、 
 良い本をありがとうございました。


───────────────────────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・ボディソープが、アトピー性皮膚炎を
 引き起こしているケースもあるようです(p52)


・皮膚に対する刺激性、また河川を汚染することなどを考えると、
 市販のボディソープを使うことは考えたほうがよいでしょう。
 少し昔に戻って、石けん(脂肪酸ナトリウム)を
 使うほうがよいと思います(p54)


・インドメタシンやフェルビナクという、
 鎮痛作用の強い成分を含んだ貼り薬が
 次々に売り出されています・・・
 痛みを麻痺させることにメリットはない(p116)


・お腹をくだしたら下痢止めを飲む
 →下痢は有害なものを排泄するためで、
  無理に止めてはいけない(p189)


体を壊す13の医薬品・生活用品・化粧品 (幻冬舎新書)
渡辺 雄二
幻冬舎
売り上げランキング: 3,488

【私の評価】★★★☆☆(77点)


プロローグ お金を払って不健康になっている?
NG1 ヨードうがい薬でうがいをする
NG2 歯磨き粉を使って歯を磨く
NG3 ボディソープで体を洗う
NG4 シャンプーで髪を洗う
NG5 健康のためにサプリメントを飲む
NG6 お風呂に入浴剤を入れる
NG7 除菌剤で室内空間を殺菌する
NG8 腰の痛みに貼り薬を貼る
NG9 美白化粧品を使う


この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
36,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)