「無敵のリーダーシップ」瀬戸 尚

|

無敵のリーダーシップ―アカの他人を最高の武器に変える人間操縦術 (達人ブックス)

【私の評価】★★★☆☆(73点)


■「1分間マネジャー」のような
 1分間シリーズのリーダーシップについて
 まとめた一冊です。


 一言でいって、相手にあわせて
 仕事のスタイルを変える、
 というもの。


 若手には仕事のやり方、手順を教え、
 中堅には、相談しながら方向性を確認し、
 ベテランには仕事をまかせるというもの。


・能力不足の選手には指示を与え、
 意欲不足の選手には支援をあたえる
 (両方が不足の者には両方をあたえる)(p201)


■ここでいう「支援」とは、
 「やる気」や「自信」のない人に
 「やる気」と「自信」を与えること。


 相手の話を聞いてあげて、
 良いところをほめてあげる。


 むら気のある熟練者は、
 これだけで、「やる気」になったり
 するものです。


 人間、思ったよりも
 単純なのかもしれません。


・「能力と意欲の程度」を、次のように分解してみましょう・・・
 「知識」+「技能」・・・
 「やる気」+「自信」(p59)


■そういえば、松下幸之助は人を見て、
 話す内容を変えていたのは確かです。


 新入社員には優しく。


 ちょっと仕事に慣れてくると、

 「君、いわれていることだけやっているようでは、
 君はいらんで」

 と、やんわり指摘してあげる。


 そして、ベテランには厳しく。


 そうした適切な指導が必要なのでしょう。


 瀬戸さん、 
 良い本をありがとうございました。


───────────────────────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・迷える中級者・・・指示的行動と、
 自信と熱意を求める支援的行動の、
 両方をじゅうぶんに発揮するコーチのような姿勢が必要・・
 いわば「話し合いましょう、でも決めるのは私」(p100)


・「むら気な上級者」・・・傾聴と支援で、
 意思決定はフォロアーと一緒におこないます。
 つまり『話し合っていっしょに決める」(p101)


・しかることによって一時的には「好意」は失われる
 かもしれませんが、「信頼」を得ることができる。
 それが将来に「好意」へとつながるのです(p170)


・1 まず、状況のなかでもっとも重要なファクターに注目し、
   状況全体を把握する
 2 それに対してベストの対応策を選択して即座に行動を起こす
 3 その後、行動結果を逐次フィードバック・・・(p50)


【私の評価】★★★☆☆(73点)


■目次

 プロローグ 他人をコントロールするのは好きですか?
 1 「無敵のリーダーシップ」のしくみ
 2 リーダーにとって何がもっとも重要なのか?
 3 あなたの現在のリーダーシップ・スタイルは間違っている!?
 4 身につけたスキルを120%活用するためのアプローチ法
 5 無敵リーダーはフォローを成長させるプロでなくてはならない
 6 無敵のリーダーシップ・スタイルを求めて


この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
36,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)