「「田中真澄の」商売繁昌の法則」田中 真澄

|

【私の評価】★★★☆☆(78点)


■商人としての心構えを
 教えてくれる一冊です。

 基本は、
 その道で秀でること。

 そして、
 お客さまとの良い関係です。


・「彼に○○をさせたらすごいぞ」と
 人にいわれるものを持っている人は、
 ○○の仕事をする世界では、堂々と生きていける(p83)


■ここで大切なのは、

 単に商品が良い、
 腕がいいだけでは、

 成功しないということ。


 商売とは、
 お客様に選んでもらうものですから、

 「十円高くても買ってくれるお客様」が、
 どれだけいるか、

 ということです。


顧客の「引き」は
 商人のサービスから
しか始まらない(p137)


■商人の基本を押さえた良い本だと
 思いました。

 時代は変わっても、
 商人は必要だし生きていくのでしょう。


 田中さん、良い本を
 ありがとうございました。


━━━━━━━━━━━━━━━━━


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


早起きは三億円の得(p15)


・自分の専門に一点集中し
 その姿勢を長く続けること(p201)


・私たちの生きる目的は、・・
 「生涯、自分の潜在能力を磨き続け、
  世の中に尽くす」ことである。(p162)


・名前を覚えることに賭ける店は強い(p116)


・「電話まめ」と「便りまめ」を併用すれば、
 相手に与える効果は倍増する(p102)


・人生100年の時代で本当の勝負は後半にあり(p209)


・私は朝から晩まで身を粉にして働いても、
 月20万か25万円にしかなりません。ところが、
 わたしの知っている家庭は保護家庭に指定され、
 市から何と月に25万円ももらっているというじゃありませんか。
 働くよりも遊んでいたほうがいいという社会、
 これはおかしいと思いませんか?(p212)


【私の評価】★★★☆☆(78点)


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

もし、この記事が参考になったら、クリックしていただくとうれしいです。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
50,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)