「ニュー・アース -意識が変わる 世界が変わる」エックハルト・トール

|

ニュー・アース -意識が変わる 世界が変わる-

【私の評価】★★☆☆☆(63点)


■人間にはエゴがある。
 欲望がある。


 そうしたエゴを超越したのが、
 新しい人類である、
 というのが著者の主張です。


 トールさんはドイツ生まれ、
 イギリスを経由して
 カナダ在住です。


・柔和な人とは、エゴのない人だ。・・・
 柔和な者が地を受け継ぐということだ。
 たったいま、地上に人類の新しい種が生まれようとしている。
 あなたもその一人だ!(p330)


■しかし、実際の国際社会では、
 エゴむき出しというのも
 事実です。


 領土問題もある。
 経済制裁もあるし、
 戦争ある。
 宗教間対立もある。


 戦争をしているのは、
 あなたの友人じゃありませんか。


・宗教は人々をまとめるよりもむしろ分断する力となっていた・・・
 人々はこの新年をよりどころに自分が「正しく」て
 相手が「間違っている」と断じ、敵を、
 「他者」「異端」「間違った思想の持ち主」と呼んだ・・・
 対立者の殺害すらもたびたび正当化した(p23)


■こうして読んでみると、
 新人類に一番近いのは
 日本人なのかもしれません。


 領土を侵略されても、日韓友好。
 漁船を銃撃されても、日露友好。
 漁船に衝突されても、日中友好。


 津波と放射能がきても、耐え忍ぶ。
 宇宙人といわれる首相もいたし、
 懐の深さでは世界一でしょう。


 和の心を持った人類が
 この本で一人でも増えることを望みます。


 トールさん、良い本を
 ありがとうございました。


━━━━━━━━━━━━━━━━━


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・老師がふいに口を切った。
 「お前にはあの谷川のせせらぎが聞こえるか?」(p256)


・死が近づくと、所有という概念そのものが
 まったく無意味であることが暴露される。(p52)


・人類はエンジンだけでなく爆弾、機関銃、潜水艦、
 火炎放射器、毒ガスを発明していた。・・・
 戦況が膠着したフランスとベルギーの国境付近では、
 泥土を数マイル前進するために
 数百万の男たちが塹壕で死んでいった(p19)


・エゴは他人を糾弾するが、
 自らがそれとまったく同じことを
 しているのに気づかない。
 その事実を指摘されれば怒って否定し、
 巧みに反論し、自己正当化のために事実を歪曲する。
 個人もそうだし、企業も政府もそうだ(p130)


・女性が向かいに座った・・・
 彼女がどうも正気には見えなかった・・・
 休みなく独り言を言っている・・・
 あんなふうになったらおしまいだよな、と思った。・・・
 私は思っただけでなく、
 口に出していたことに気づいて愕然とした。
 なんてことだ、もうすでに同じだ(p42)


・スーフィ教徒たちに伝わる古い物語・・・
 中東のある王様は・・使いを出して、悟りを開いたと
 評判の賢者を呼び寄せた。・・・
 「私はあなたのようになりたい・・・
 金の指輪が入っていて、
 指輪には文字が掘り込まれていた。
 こんな言葉だった。
 「これもまた過ぎ去るだろう※」(p243)

This, too, shall pass.
「これも、いずれは過ぎいくものだ」


ニュー・アース -意識が変わる 世界が変わる-
エックハルト・トール
サンマーク出版
売り上げランキング: 2166

【私の評価】★★☆☆☆(63点)



楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

もし、この記事が参考になったら、クリックしていただくとうれしいです。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
50,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)