「世界地図から歴史を読む方法」武光 誠

|
世界地図から歴史を読む方法 (KAWADE夢文庫)
武光 誠
河出書房新社
売り上げランキング: 362842

【私の評価】★★★☆☆(75点)


■社会人になると
 無性に勉強したくなってきます。

 日本史、世界史、物理、化学・・・

 試験さえなければ、
 こうして学校でやっていたことが
 面白く感じてくるもの。

 ということで、今日は、この本で、
 世界地図を見ながら
 歴史を学びます。


・強い民族が力を用いて弱い民族を支配する。
 このことの繰り返しが、世界史の大きな流れを
 つくってきたといえる。(p15)


■この本を読んでいると、
 国家とは民族とはさほど関係ないということ。

 戦争で勝手に国境線が引かれたり、
 一緒の国になったり、
 内戦で分裂したり。

 それぞれ事情があったのでしょうが、
 戦争をして、それに疲れると講和する。

 人間とは愚かなのか、賢いのか。


・ドイツは近代にいたるまで、
 多くの王国や貴族領に分かれていた。
 ドイツ統一が成るのは、
 明治維新より新しい1871年
である(p55)


■こうした世界に比べ、
 日本国がいかに固有の文化を持ち、
 ほぼ単一民族の国家であるというのは、
 珍しい。

 天皇家もありますし。

 この国には不思議な役割が
 あるのかもしれません。


 武光さん、良い本を
 ありがとうございました。


━━━━━━━━━━━━━━━━━


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


清朝の宮廷の貴族は満州族であったが、
 そのころの漢民族居住地で実権を握っていた地主層は
 漢民族であった。そして20世紀はじめの中国革命に
 よって漢民族支配が回復された。(p25)


・イギリス世界は、ケルト人とゲルマン民族
 (ゲルマン人のアングロサクソンとノルマン人)との
 混血によってつくられた。ケルト人は、
 紀元前五世紀ごろ大陸から、ブリタニアとよばれていた
 イギリス世界に移住してきたとされる(p88)


・ロシア政府は、アルメニア人を「カフカスのユダヤ人」として、
 かれらと周囲のアラブ系民族とを対立させることによって、
 その地域の住民のロシア支配への反感をそらす政策をとった(p137)


・現在、トルコに280万人以上、イラクに250万人以上、
 イランに230万人以上のクルド人がいるといわれる。・・
 それぞれ独自の独立運動を繰り広げている。(p161)


・1941年、ペルーは武力で、隣国のエクアドルから
 オリエンテとよばれる平原地帯を奪った。
 そこの広さは、エクアドル全体の約半分近くもあった(p165)


世界地図から歴史を読む方法 (KAWADE夢文庫)
武光 誠
河出書房新社
売り上げランキング: 362842

【私の評価】★★★☆☆(75点)

楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
50,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)