「技術者の意地」長谷部 光雄

|
技術者の意地―読むだけでわかる品質工学
長谷部 光雄
日本規格協会
売り上げランキング: 118660

【私の評価】★★★☆☆(76点)


■ものづくりの現場では、
 品質がばらつきます。

 品質がばらつきすぎると、
 顧客からのクレームとなる。

 それを避けるために
 品質管理が必要です。


・ロバスト性・・・製品に使われている技術の安定性を
 高めれば、余裕度や安全率をそれほど大きくとらなくても、
 問題が起きる可能性が少なくなりますからね(p59)


■この本では、センサーを製造する会社で、
 その品質を設計から見直すという
 ストーリーから品質管理を学びます。

 物語形式なので、
 実際の企業では、
 正論がなかなか通らない。

 やってほしいことを
 やってくれない人もいる。

 単なる知識だけでなく
 人を動かす知恵も
 必要である、
 ということがわかります。

 こうした知識だけではなく、
 現場での実施の知恵を伝えていくことも
 書籍の役割なのでしょう。


・コンサルタントの本当の任務は、
 突き詰めれば人を育てることなんだ・・・
 汎用性の高い方法論とそれを身に付けた人材
 システムの中核だ(p231)


■TOC制約理論、
 ゴールドラットさんの「ザ・ゴール」に近い印象で
 分かりやすい本だと思います。

 専門書の知識だけでなく、
 こうした本も出てくるとうれしいですね。


 長谷部さん、良い本を
 ありがとうございました。


━━━━━━━━━━━━━━━━━


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・全数検査をしても不良自体が減るわけではない。
 検査で不良を見つけ出しても工程からの流出を防止できるだけだ。
 根本的な品質改善対策ではないからね(p194)


・人間の免疫システムは二段階に分かれている。
 多種多様な異物の侵入にも対処できる第一段階のシステムと、
 一度経験した異物にはすばやく対応できるデータベースの
 二段階システムである・・・親から子へ受け継がれるのは、
 第一段階目のシステムだけ
(p238)


・短期的目標を達成するやり方が得意なマネジャーは、
 それなりの成果を上げて組織のヒエラルキーを
 昇っていくことが多い・・表面的な項目や数値が
 達成できればよいということであり、仕事の質の向上や
 人材育成、技術力向上には結び付きにくい(p264)


技術者の意地―読むだけでわかる品質工学
長谷部 光雄
日本規格協会
売り上げランキング: 118660

【私の評価】★★★☆☆(76点)


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
50,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)