本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「幸せを運ぶタクシー―それぞれの人生に配られた 一万本の"四つ葉のクローバー」今井 泉

(2011年11月 2日)|本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

幸せを運ぶタクシー―それぞれの人生に配られた 一万本の

【私の評価】★★★★☆(83点)


■秋田のタクシーが、
 四つ葉のクローバーを
 お客さんに渡しているとのことで 
 購入した一冊。


 四つ葉を渡しているだけだよね、
 と軽く読みはじめましたが、
 なかなか味わい深い一冊でした。


・四つ葉のクローバーを渡すというちょっとしたことから、
 初めて会った人ともこんな会話ができる。
 その面白さも続ける理由になっています。(p20)


■四つ葉のクローバーをお客さんに渡すことで、
 お客さんとの会話のネタとなり、
 お客さんによっては
 泣いてしまう人もいるようです。


 ちょっとした親切が、
 人を幸せにしてくれるのです。


 しかし、
 四つ葉のクローバーを探すのは大変。


 はじめは、
 休日すべてをつぶしたそうです。


 さらに、その四つ葉を
 押し葉にするのには
 毎日手をかけて10日間もかかる。


・押し葉を作るうえで欠かせないのは、分厚い電話帳です。
 1ページごとに、きれいに葉を広げた四つ葉のクローバーを
 置き、重石をします。一日経ったら、その四つ葉をきれいな
 ページに移し変えます・・7~10日程度で完成です。(p51)


■でも、人に喜んでもらえるし、
 そうすることで自分も磨かれている、
 と著者はいいます。


 まったくそのとおりですね。
 喜んでいる人がいると続くし、
 自分も成長する。
(このメルマガもそうかも)


 今井さん、
 良い本をありがとうございました。


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・「お父さんはステキなことをしているね」
 自分のやっていることを娘たちに認めてもらえるのは、
 嬉しいものです(p56)


・自分なりにこつこつと工夫をすることが好きです。・・・
 環境が変わろうが、働くことは自分をわくわくさせて、
 やる気を引き出してくれました。そうやって
 楽しむことが技術を磨く早道でした(p85)


・人と付き合う中で大切にしているのは、
 とにかく明るくしていることです。お客さんの中に、
 「運転手さん、ニコニコしているからいいね」
 と言ってくださる方がいらっしゃいます。(p90)


・私は、お客さんに四つ葉のクローバーを渡すようになって、
 私自身、優しい人間になったと思っています。・・・
 何かひとつのことを続けることの素晴らしさを周りから
 教えてもらいました。(p94)


【私の評価】★★★★☆(83点)


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
50,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト

この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: