本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「これが潜水艦だ―海上自衛隊の最強兵器の本質と現実 」中村 秀樹

(2011年9月19日)|本のソムリエ
このエントリーをはてなブックマークに追加

これが潜水艦だ―海上自衛隊の最強兵器の本質と現実 (光人社NF文庫)

【私の評価】★★★★☆(81点)


■韓国の哨戒船が、
 北朝鮮の魚雷または機雷で
 沈没したことがありました。


 この本を読むと「そうだよね」と
 納得できます。


 水上艦が、潜水艦の攻撃を避けるのは、
 非常に難しいのです。
 (敵国を特定するのは、さらに難しい)


・私の経験上、護衛艦のソーナー追尾ほど
 振り切るのが容易なものはない。・・・
 一番簡単なのは、(高圧)空気の放出である。・・・
 空気(泡)の陰に隠れて、高速で離隔しつつ深度変換
 (深さを変える)を併用して、変温層の向こうへ
 逃げ込めば、あっという間に失探である(p108)


■潜水艦の運用や武器としても特徴も
 技術屋として面白いのですが、
 海上自衛隊の組織の話がおもしろい。


 人事がだめ。
 前例主義。
 陸海空の組織の壁。


 自衛隊も役所の一部ですから、
 まるで、自分の会社と同じだな~
 と感じました。


・芸は身を滅ぼす・・・英語の達者な人物は、
 望む配置につく余裕がなく、渉外や調整業務を
 転々とすることが多い。そして無芸、無能な
 同期においしい配置(艦長など指揮官配置)を
 奪われる結果となっていた(p231)


■自衛隊が本当に一皮むけるためには、
 実戦経験が必要なのでしょう。


 実戦がないのは良いことなのでしょうが、
 最悪の場合にどうなるのか。


 天才的な実力幹部が
 求められているのかもしれません。


 大きな組織の難しさを感じました。


 中村さん、
 良い本をありがとうございました。


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・潜水艦の天敵は潜水艦なのだ。潜水艦同士なら、
 音の静かなほうが勝ちだ。原子力潜水艦と電池潜水艦は、
 電池の方が静かである。旧式と新型なら、新型の方が
 静かである。(p57)


・潜水艦が本気でやれば、対潜部隊は探知できないから
 訓練にならない。だから、訓練規定というものがある。
 潜水艦に見つかりやすいように行動しろ、という
 ハンディを与える。(p102)


・「究極の対潜水艦対策は高速航行」というのが私の信念だ・・・
 具体的には、高速フェリーをチャーターするのだ。(p226)
 

・軍艦の主機としてガスタービンが主流になった・・・
 ガスタービンは従来のディーゼル、蒸気タービン機関より
 静粛になったため、水上艦がソーナー発信していないと、
 音で探知するのは困難になった(p81)


・ミサイルは貴重品だし、砲弾よりはるかにかさばる
 ので大量に持てない・・・この少数のミサイルを
 撃ちつくした後、どうするのだろう。・・・
 護衛艦の火砲は、豆鉄砲だし、装備数も少ない(p52)


・無能なくせに部下に任せない艦長は、最悪である。・・
 駆除せねばならぬが、そうもいかない。昔も
 「馬鹿な指揮官、敵より怖い」と言われた(p146)


・海上自衛隊の人事は問題が多い。・・・
 指揮官タイプの人間を長く幕僚をやらせ・・・
 優柔不断で責任回避しがちな連中が、 
 やたらに指揮官を歴任するのだ。
 部隊の士気が上がるわけがない(p230)


・護衛艦の航海長は、若い幹部の場合が多いので、
 艦全体の教育訓練を仕切ろうとしても、
 古い科長が言うことを聞かず、護衛艦の訓練は
 内容のない形式的なものになりがちである。(p147)


・航空部隊というのは横着で、訓練の記録は
 いい加減なものを送ってくる。訓練の現場では
 1尉あたりの青二才機長が、2佐の館長相手に
 横柄は通話をしてくることもある(p104)


【私の評価】★★★★☆(81点)



楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
50,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト


この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: