本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「史上最強の内閣」室積 光

(2011年8月 6日)|本のソムリエ
このエントリーをはてなブックマークに追加

史上最強の内閣 (小学館文庫)

【私の評価】★☆☆☆☆(58点)


■北朝鮮が核ミサイルを
 日本に発射するために、
 発射準備をはじめた。


 それに対応できない日本の内閣は、
 京都にある「影の内閣」に
 その権限を引き継いだ。


 というシナリオの
 一冊です。


・憲法九条・・・日本だけが戦争放棄してもあきまへん。周りの国にもしてもらわんと平和になりまへんわ。・・・宮城はんは外国に、『日本の憲法九条が危ない』ていうようなことおっしゃって、不安を煽るばかりでんな。(p60)


■北朝鮮の後継者シン・ジャンナムが、
 日本のネズミーランドで遊ぶために来日して
 身柄を確保された。


 そして北朝鮮は、シン・ジャンナム奪回のために
 工作員を銀座に派遣した・・・


 そして、核ミサイルが発射され・・・と、
 なんだか聞いたことのある
 ストーリーですね。


 ちょっと笑えるくらいの
 一冊でした。
 それ以上でもそれ以下でもありません。


 室積さん、
 良い本をありがとうございました。


━━━━━━━━━━━━━━━━━


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・日の丸、君が代問題・・・個人それぞれの歴史観や意見は尊重する。意見の相違はあっても互いの発言の自由を認め合うのが民主主義の基本だ。・・・だが、国旗を燃やすのはマナー違反だ。君が代に文句を言う人も同じだが、どうも日本には先人をすべて愚か者と思い込んでいる人がいるようだ(p53)


・小松君知っちょるか?日本の拉致被害者家族が訪韓したときに、韓国の国会議員が、『日本には数十万の韓国の拉致被害者がいる』と言うたけえのう・・・彼らとしては常に被害者の立場にいたいんじゃ(p148)


史上最強の内閣
室積 光
小学館
売り上げランキング: 34447

【私の評価】★☆☆☆☆(58点)



楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
50,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト


この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: