本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「人はなぜ眠れないのか」岡田 尊司

2011/07/27本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

人はなぜ眠れないのか (幻冬舎新書)

【私の評価】★★★☆☆(76点)


■だれでも一生のうち三分の一は寝ているわけで、
 このどう寝るかということが、
 生活に大きな影響を与えます。


 今日の本では、
 自分の睡眠の最適化のために、
 眠りの基本を勉強します。


・眠れなくても、
 目を閉じて休息することが大事(p88)


■驚いたのは、電気がない時代には、
 人は九時間寝ていたということ。


 そして、寝る前に数時間うとうとして、
 真夜中に目が覚めるという2分割で 
 睡眠をとっていたということです。


 したがって、
 ベッドですぐに眠れるというのは、
 寝不足になっているということ。


 ですから、疲れているのに
 眠れないとすれば、「不眠症」という
 病気と判断されるわけです。


・十九世紀までは、九時間眠るのが普通だった。
 ところが、われわれ現代人の睡眠時間は、 
 七時間がせいぜいである。(p58)


・自然の眠りにおいては、むしろ入眠に二時間くらいかかり、
 途中覚醒が二時間くらいあって、朝も早く目が覚める
 ということが普通なのである。横になるとすぐに眠れる
 状態は、睡眠負債を抱えた過労の状態で、必ずしも
 理想的とは言えないのだ。(p106)


■早く寝るのは難しいものですが、
 やはりテレビなどを消すことが
 効果的なようです。


 この本で睡眠の基礎を学び、
 理想の一日を設計していただきたいと
 思います。


 岡田さん、
 良い本をありがとうございました。


━━━━━━━━━━━━━━━━━


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・二十四時間動き続ける現代社会を維持していくためには、
 シフトワークが不可欠となった。
 現在、アメリカでは男性の四分の一以上、
 女性の十七%が、交代勤務で働いているという(p54)


・ダビデ像などで知られる彫刻家のミケランジェロは、
 頑健な体躯の持ち主で、一日四時間しか眠らずに、
 仕事をし続けたと言われる(p44)


・眠る一時間前にはテレビ、パソコンを消す・・・
 眠る直前まで活発に働いていて、
 急に眠りなさいと言っても、
 なかなか難しいのである(p182)


・読書催眠法・・・
 古ぼけた、読みにくい古典を、
 二、三ページ読んだだけで、
 疲れているときなら、
 すぐに眠気が来るのが普通だ(p227)


・体内時計は光によって調節されている・・・
 わずかの光でも影響を及ぼすほど、
 体内時計がデリケートである(p78)


・コーヒーを飲むといった至極当たり前の生活習慣も、
 人によっては睡眠に大きく
 影響していることがある(p142)


・睡眠は、高度な中枢神経系をもつ生き物に
 特異的に発達した現象である。(p64)


・ある種のイルカで、大脳半球の片方ずつが■
 交代で睡眠をとる半球睡眠により、
 眠りながら泳ぎ続けることができる(p65)


・馬や牛は一日三時間しか眠らなくていいが、
 ネズミが十三時間、猫が十五時間眠るのは、 
 猫の脳が馬より発達しているからではなく、
 体の大きさの違いによるところが大きい(p67)


人はなぜ眠れないのか (幻冬舎新書)
岡田 尊司
幻冬舎
売り上げランキング: 20266

【私の評価】★★★☆☆(76点)


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
50,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト

この記事が気に入ったらいいね!

この記事が気に入ったらシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: