本のソムリエおすすめ本を紹介する書評サイトです
本ナビ > 書評一覧 >

「考えてみる」大久保 寛司

本のソムリエ 2011/07/08メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

考えてみる


【私の評価】★★★☆☆(70点)


要約と感想レビュー

 著者は日本IBMを勤め上げた人のためか、職場でのコミュニケーションについての項が多いように感じました。仕事は人しだいというように、仕事の半分以上は、人とのコミュニケーションなのでしょう。


 権限で人を動かすのではなく、自ら動くように誘導する。威嚇するよりも、笑顔で良い人間関係を作ることを推奨しています。


・「しなさい」ではなく「したらいいと思わない?」と「笑顔で」語りかけましょう(p117)


 文体としては「詩」のような感じで、まじめな中谷彰宏さんの本といった印象でした。個人的には、著者の体験をもっと教えてほしいと感じました。


 日本IBMは巨大組織ですから、組織人としての生き抜き方、人との接し方など考えることは多いと思うのです。そうしたノウハウを期待したいものです。


・人が育つ組織の若手スタッフは言う「先輩のまねをしているだけです」(p33)


 サラリーマン出身らしく、仕事を通じて自分を成長させることを目指す一冊でした。


 大久保さん、良い本をありがとうございました。


この本で私が共感した名言

・己の言葉の響きを磨くとは自分自身を磨くことだ(p15)


・その会社の人たちは・・・洗面台で手を洗ったあと周囲に散った水を拭き取る(p22)


・仲間のどのような失敗も失敗は自分の責任
 成功の役割をどれだけ果たしてもすべて仲間の功績(p54)


・その人にはその人の訳が(p68)


・今 大切なことは
 今を どのような思いで生きるか
 今を どのように生きるか・・(p106)


▼引用は下記の書籍からです。

考えてみる
大久保 寛司
文屋
売り上げランキング: 12015


【私の評価】★★★☆☆(70点)



目次

第1章 こんなふうに生きたい
第2章 己に問う
第3章 友へ


著者紹介

 大久保 寛司(おおくぼかんじ)・・・1949年生まれ。大学卒業後、日本IBM入社。98年CS部長。2000年退職。現在、人と経営研究所所長。


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
50,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
>>バックナンバー
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト

<< 前の記事 | 次の記事 >>

この記事が気に入ったらいいね!

この記事が気に入ったらシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: