本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「戦時演芸慰問団「わらわし隊」の記録―芸人たちが見た日中戦争」早坂 隆

2010/06/17本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

戦時演芸慰問団「わらわし隊」の記録―芸人たちが見た日中戦争

【私の評価】★★☆☆☆(66点)


■日中戦争中、朝日新聞社が資金を出して、
 吉本興業の芸人からなる「わらわし隊」という
 慰問団を戦地に送っています。


 この本では、「わらわし隊」の記録から、
 日中戦争当時の日本と戦地の様子を
 再現していきます。


・わらわし隊の派遣は、朝日新聞社や吉本興業にとって、戦争に協力する姿勢を公けに見せることで社会からの評価を獲得し、企業価値を高めるという目的があった(p56)


■歴史というものは、その場にいると
 よく見えないと言われますが、
 当時の雰囲気からは拡大する大日本帝国の
 未来を全員が信じているように感じました。


 皇軍は負けないのだと。
 そうした時代の流れだったのでしょうが、
 やはり何かが足りなかった。


 今の時代を反省する材料になると思います。
 早坂さん、良い記録をありがとうございました。


━━━━━━━━━━━

■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・わらわし隊一行は、戦線における食料不足の現状を各地で耳にしている・・・「一流の軍師は補給を語り、三流の軍師は戦略を語る」とも言う(p250)


・わらわし隊が慰問演芸のために南京に滞在した昭和13年1月23-27日という時期は、ちょうど「何千という婦人が強姦され、十万人以上の人々が殺害され、無数の財産が盗まれたり、焼かれたりした」まさにその最中ということになる(p163)


・日中戦争において初めて慰安所(陸軍娯楽所)が開設されたのは、昭和12年末の上海だったとされている。戦地での強姦防止、性病予防などを主な目的として、軍が民間業者に要請し、北九州の遊郭から娼妓を集めたのがその始まりであった・・・当時の日本は、現在のドイツなどと同様、公娼制度の下にあった(p270)



【私の評価】★★☆☆☆(66点)



■編者紹介・・・早坂 隆(はやさか たかし)

 1973年生まれ。ルポライター。


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

いつも応援ありがとうございます
人気ブログランキング
に投票する

人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
44,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト一日一冊:今日の名言

この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: