「中卒の組立工、NYの億万長者になる。」大根田 勝美

| コメント(0) |

中卒の組立工、NYの億万長者になる。 (角川文庫)

【私の評価】★★★★★(94点)


■「人生はドラマだ」という人がいますが、
 大根田さんの人生はそのとおりだと
 思いました。


 中卒組立工から海外駐在。
 営業マンとして独立し、
 最後には会社を経営するまでになります。


 その途中は、順調という言葉は
 ほとんどありません。


 山あり谷あり、
 成功もあれば失敗もある。
 よく奥さんがついていったと思いました。


■オリンパスでは海外駐在員として
 内視鏡販売で成果を出すものの、
 中卒のためか出世ができませんでした。


 そのため退職し、フルミッションの
 営業マンになっています。


 その営業でも、最後にはコミッションを
 半分程度まで下げられ、販売エリアも
 制限されるなど、結局、自ら
 内視鏡の会社を立ち上げています。


 日本の会社には、どうして
 こうした有能な人を使いきれない場合が
 多いのだろう、と感じました。


・物事が軌道に乗りいい方向に進んでいる時こそ、
 人の妬みを買うような行動は慎まなければならない(p124)


■その後は、ユダヤ人パートナーと
 事業を行っていきます。
 現在の資産は100億円にもなるそうです。


 「日本人大富豪の教え」といった
 感覚の一冊でした。


 この本だけでは大根田さんの人生は
 語り終えることはできないでしょう。
 続編に期待します。


 大根田さん、よい本をありがとうございました。


━━━━━━━━━━━

■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・何かトラブルが起きた時に、塞ぎ込んで後ろ向きになるのか、
 あるいは逆に失敗をバネに前に進んでいこうとするか。
 物事への向き合い方一つで、
 その後の人生は大きく変わってくる。(p37)


・感謝の気持ちというものは、はっきりと行動で
 示さなければ相手には伝わらない。
 さらに言えば「ありがとう」と口にするだけでも
 十分ではない(p188)


中卒の組立工、NYの億万長者になる。
大根田 勝美
角川書店(角川グループパブリッシング)
売り上げランキング: 4173
おすすめ度の平均: 5.0
5 モチベーションを高めたい時に

【私の評価】★★★★★(94点)



■著者紹介・・・大根田 勝美(おおねだ かつみ)

 1937年生まれ。
 オリンパス入社。海外駐在員に抜擢される。
 内視鏡営業マンとして独立。
 その後、町田製作所と内視鏡の会社を設立。
 ユダヤ人パートナーとベンチャービジネスも手掛ける。
 内視鏡の会社はペンタックスに買収。


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

いつも応援ありがとうございます
人気ブログランキング
に投票する

人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
44,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト一日一冊:今日の名言



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)