「東大家庭教師が教える頭が良くなる勉強法」吉永 賢一

|

東大家庭教師が教える頭が良くなる勉強法

【私の評価】★★★★☆(80点)


■学生時代を思い出す一冊でした。


 学校では勉強を教えてくれますが、
 勉強法を学ぶにはこうした本を読むか、
 塾の先生に聞いてみるしかないのでしょう。


・「毎日20問ずつ解いていきましょう」・・・
 「ちょっとずつ」であれば、
 行動力が出てきます。(p30)


■基本となるのは、やはり「くり返し」。


 プラス効率的に覚えるための記憶法。


 最終的に、興味を持って
 深く理解することができれば、
 完璧でしょう。


・物理の法則だったり、世界史の出来事だったりを
 「腑に落ちる」というレベルまで理解していなければ、
 丸暗記をくり返したところで
 決して成績は上がらない(p37)


■さらに、この本では、大きな声を出す、
 暗記モノは拡大コピーすると記憶に残りやすい
 など私も知らなかったアイデアがありました。


 こうした手法は人それぞれですから、
 いろいろ試してみて自分に合った方法を
 確立していただきたいと思います。


・私自身覚える際には大きい声をとり入れています。
 こうすると、理解がさらに深まり、
 また記憶への定着もよくなるようです(p33)


■勉強法については広く網羅しており、
 買って損のない一冊だと思いました。


 学生さんだけでなく、
 資格を狙う社会人にもお薦めします。
 ★4つとしました。


─────────────────

■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・小学校4年生のとき・・・ペースメーカーにしていたのが
 「ウルトラマン」。・・・「この問題を解けば、ウルトラマンが
 見られるぞ」と頑張りました(p14)


・「必要性を体感する状況に自分を追い込む
 (たとえば"模試を受ける"など)(p16)


・コアとなる問題集を、全問暗記するくらいまでくり返し、
 その後、同じテーマの問題集を3~4冊解いていく(p49)


1日15分の「書き写し」で文章嫌いを克服・・・
 文章自体を書くことが苦手な人は、「小説や評論文を
 書き写すこと」を勉強に加えてみましょう。(p126)


▼引用は、この本からです。

東大家庭教師が教える頭が良くなる勉強法
吉永 賢一
中経出版
売り上げランキング: 615
おすすめ度の平均: 4.5
5 間違えて残像する
5 学習方法を極めたい、の一つの形がここにある
4 とてもいいです
4 前半3章、後半3章の2部構成
4 勉強のやり方の基本をあらためて学べる本

【私の評価】★★★★☆(80点)



楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

いつも応援ありがとうございます
人気ブログランキング
に投票する

人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
44,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト一日一冊:今日の名言



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)