本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「「感情」の地政学」ドミニク・モイジ

(2009年9月16日)|本のソムリエ
このエントリーをはてなブックマークに追加

「感情」の地政学――恐怖・屈辱・希望はいかにして世界を創り変えるか

【私の評価】★☆☆☆☆(52点)


■国際情勢を説明しているようですが、
 主張があまり理解できませんでした。


 ただ、アメリカ人が世界をどのようにみているのか、
 その雰囲気はつかめました。


 モイジさん良い本をありがとうございました。


━━━━━━━━━━━


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・日本人は自らをアジア人とは思っていないし、
 その他のアジア諸国からは「日本人」として
 疎んじられている。日本人はカメレオンのように
 西洋を模倣する一方で、西洋人にとっては、
 おそらくすべてにアジア人の中で、
 依然最も神秘的で不可解な存在なのだ。(p56)


・たとえば中国人は、事あるごとに日本の戦争犯罪を引き合いに出すが、
 1989年の天安門事件の弾圧や、最近ではチベット弾圧などの
 国内の不祥事については知らぬ顔をしている。(p91)


「感情」の地政学――恐怖・屈辱・希望はいかにして世界を創り変えるか
ドミニク・モイジ Dominique Moisi
早川書房
売り上げランキング: 267943
おすすめ度の平均: 2.5
4 21世紀の国際社会を知る上で新鮮な切り口
2 視点はいい
1 地政学というには内容が偏りすぎている

【私の評価】★☆☆☆☆(52点)


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
40,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト


この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: