本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「はい、わかりました。」大野 勝彦

(2009年6月 7日)|本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

はい、わかりました。


【私の評価】★★★★★(93点)


■農作業中に両手を切断した
 大野さんの詩画集です。


 多くの人が詩画集を出していますが、
 これほど心に突き刺さる詩画集はないでしょう。


■大野さんは、両手を切断するまで、
 敷地に生える花に気づかなかったといいます。


 目には見えていても、
 その美しさに気づかなかったのです。


 今は、その美しさを味わい、 
 花と話をしているそうです。


■また,大野さんは両手を切断するまで、
 感謝の気持ちを持てなかったといいます。


 多くの人から助けてもらっていたのに、
 それに気づかなかったのです。


 今は、常に感謝、感謝の気持ちをどう返すか
 それを考える毎日だそうです。


■人間は失ってはじめて、その価値を知るそうですが、
 この本を読むだけで、その大切さが
 少しだけわかるかもしれません。


 大切なものを失う前に、読みたい一冊です。
 本の評価としては★5つとしました。


─────────────────

■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・これはテクニックではないぞ。燃えている思いや情熱がいちばん大切だ。絵だって、文章だって、思ったらそのままいこう(p148)


どんな花にも、与えられた役割があります。それは人間も同じだと思います。お役のない人などひとりもいません。そして、みんながみんな生まれたときに「しあわせになれよ」と名前をいただきます。(p136)


▼引用は、この本からです。


【私の評価】★★★★★(93点)



■著者紹介・・・大野 勝彦(おおの かつひこ)

 1944年生まれ。高校卒業後、家業の農家を営む。89年トラクターを清掃中に手を巻き込まれ、両手を切断。詩を書き始める。二年後に個展を開催。2006年までに講演会3000回。


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

いつも応援ありがとうございます
人気ブログランキング
に投票する

人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
35,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト一日一冊:今日の名言

この記事のシェアをお願いします

この著者の本 : , ,



同じカテゴリーの書籍: