本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「花のタネは真夏に播くな ~日本一の大投資家・竹田和平が語る旦那的投資哲学」水澤 潤

(2009年4月12日)|本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加


【私の評価】★★★★☆(89点)


内容と感想

■日本一の大投資家といわれる
 竹田和平さんを紹介する一冊です。


 竹田和平さんは、
 タマゴボーロで有名な竹田製菓の
 オーナーであり、さらに、百社以上の
 上場会社の大株主でもあります。


■竹田さんが株式投資をはじめたのは、
 本業で余剰資金があったからです。


 本業では設備投資が一巡すると、
 お金が余ることがあります。


 そのお金を遊ばしていても仕方が
 ありませんので、銀行からの借金を
 減らそうとしましたが、
 銀行は優良企業からの返済を
 よろこびません。


 そこで、竹田さんは優良な他の企業の
 株式の購入をはじめたのです。


■そうした株式投資をしているうちに、
 投資の考え方が確立していきました。


 それは、安値にある優良株を
 長期所有するという考え方です。
 ウォーレン・バフェットのようですね。


・とにかく現在の数字を吟味して、割安に叩き売られた優良株を見つけて買うのです。そして首尾よく買えたなら、旦那になった気持ちで持ち続けるのです(p137)


■竹田さんのこうした投資の考え方だけでなく、
 お金についての考え方もとても参考になります。


 つまり、お金とは感謝の代わりであって、
 相手に喜んでもらえばお金が
 集まってくるという考え方です。


・どうすれば相手の人に喜んでもらえるかということをいつも考える習慣が、お金持ちになるための一番のキーワードなんだ。(p24)


■竹田さんも本業を安定させるまでには
 いろいろ苦労されたようです。


 その苦労から得た知恵を
 500円で教えてもらえるというのは、
 ありえません。でも500円です。


 お金持ちになりたいなという方は、
 この本でお金持ちの考え方を学びましょう。
 本の評価としては★4つとしました。


この本で私が共感した名言

・お金なんて、ある程度貯まったら、それ以上は一人で使い切ることなんて出来ません。人のために使うしかなくなるんです。(p147)


・昔の庄屋さんや名主さんは、いちいち田んぼの値段なんて気にしていませんでしたよね。彼らにとって重要なのは、今年の収穫はどうなのか・・・現代の旦那にとって、株の一株一株が田んぼの一枚一枚に相当します(p142)


・自分を否定しようとする人が現れたら、そんな時、これはきっと何か自分を発奮させるための意味があるんだろうと、僕は考えるようにしています。(p166)


▼引用は、この本からです。


【私の評価】★★★★☆(89点)



著者紹介

 竹田 和平(たけだ わへい)・・・日本一の個人投資家1933年生まれ。名古屋で竹田製菓を創業し、「たまごボーロ」などヒット商品を開発販売。現在は上場企業100社の個人大株主である。


 水澤 潤(みずさわ じゅん)・・・1960年生まれ。大手出版社に勤務。1995年に独立し、生活経済アナリストとして主に雑誌媒体で活躍。


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキング
に投票する

人気ブログランキングへにほんブログ村 本ブログへ


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
40,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト

この記事のシェアをお願いします

この著者の本 : ,



同じカテゴリーの書籍: