「七田眞の人間学 いかに生きるか」七田 眞

|

七田眞の人間学 いかに生きるか

【私の評価】★★★☆☆(77点)


■人こそ国の宝。
 人こそ国力の源泉である。
 このことを伝えてくれる一冊です。


 昔、日本は、資源もお金もない、
 貧乏島国国家でした。


 私たちの祖先が、屋根のある家で、
 一日三食たべることができるきようになりたいと願い、
 日本人一人ひとりの活動の結果が
 現代社会を作ったのです。


 飢饉のあった昔から比べれば、
 すばらしい国家になったのでは
 ないでしょうか。


 ・最澄は「国の宝とは金銀財宝のことを言うのではない。
  職業が何であろうと、自分の持ち場を最高に思い、
  そこに真心を尽くす。そういう人が何人いるかが、
  国が豊かであるかどうかの物差しなのだ。
  一隅を照らす人たちこそが国の宝物だ。
  そういう人になろう」と言ったのです。(p3)


■この本では、先人の言葉を多く引用して、
 これまで私たちの祖先が学んできた
 素晴らしい考え方、勉強方法を教えてくれます。


 学校の教科書ではあたりさわりのない
 物語が教えられているようですが、
 それ以外に人間としての教育方法を
 考えなくてはならないのかもしれません。


 ・四書五経のような良質の教科書を
  ひたすら音読させ、暗唱させる学習法が
  取り入れられるべきです。(p101)


■国がどうこう、教育委員会がどうこういっても、
 世の中は変わりません。


 最澄が言ったように、一人ひとりが自分にできることを
 やっていくしかないのでしょう。


 このように、ちょっと真面目一本の本ですが、
 何かをしたくなってくる一冊でもあり、
 じっくり考える機会を与えてくれる一冊と言えるでしょう。


 本の評価としては★3つとしました。


─────────────────

■この本で私が共感したところは次のとおりです。


 ・スマイルズの言葉を紹介しておきましょう・・・
  国の発展は、国民一人一人の勤勉さ、
  元気さ、誠実さによって決まるといってよい(p13)


 ・天命を知る・・・
  坂本龍馬は「世に生を得るは事を成すにあり」
  と言いました(p32)


 ・人のする仕事の値打ちがその人の値打ちです。 
  だから良い仕事をしようとしなくてはなりません。
  人と同じような仕事をしていては値打ちがない。(p118)


▼引用は、この本からです。

七田眞の人間学 いかに生きるか
七田 眞
総合法令出版
売り上げランキング: 99523
おすすめ度の平均: 5.0
5 ためになる
5 人生の杖
5 魂を磨く

【私の評価】★★★☆☆(77点)



■著者紹介・・・七田 眞(しちだ まこと)
 
 1929年生まれ。しちだ・教育研究所会長。
 七田チャイルドアカデミー校長。
 七田式教育を実践している教室は全国で450。


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキング
に投票する

人気ブログランキングへにほんブログ村 本ブログへ


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
40,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)