本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「いつも「結果が出せる人」の仕事術」本田 有明

2009/01/12本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

いつも「結果が出せる人」の仕事術 (PHP文庫 ほ 10-2) (PHP文庫)

【私の評価】★★★☆☆(79点)


■組織に入ると、部下の立場、上司の立場と
 あなたは様々な立場で仕事をすることになると思います。

 そうしたときに、それぞれの立場で、
 相手とコミュニケーションを取りながら仕事をするのですが、
 その時に、気をつけたい点をまとめた一冊です。


  ・上司はこうしたツボをよく心得ていました。
   挑戦してできなかったり、しくじったりしたことには寛大でしたが、
   やろうとしなかったこと、いわゆる「不作為の罪」には
   ひじょうに厳しい人でした。(p122)


■人材系のコンサルタントだけあって、組織でのコツを
 よく知っているな、という印象でした。

 たとえば、目立つ部下より、
 手間がかからない部下を注意しよう、などとは
 経験がないとわからないことでしょう。


  ・職場には、不満や文句をせっせと言ってくる人もいれば、
   しょっちゅう溜め息ばかりついている人もいます。・・・
   むずかしいのは、文句も言わず溜め息もつかず、そのため
   どんな状況なのかつかめない相手のほうです。(p136)


■この本の素晴らしいところは、
 各項目で必ず元となった著者の経験が
 説明されているところです。

 この著者の経験のところだけで、
 この本を買う意味があるのでしょう。


  ・「いずれあなたも、この部署で重責を担うようになるでしょう。
   そう期待しています。かりにいまその立場にあったとしたら、
   こういう問題をどう解決しますか」(p189)


■欲を言えば、「それはわかっているけど、できないんだよ」
 という人に対して、掘り下げて説明したりすると
 もっと面白くなる一冊かもしれません。

 読んでいて、「そうだよね」と納得できる一冊でした。
 本の評価としては★3つとします。

─────────────────

■この本で私が共感したところは次のとおりです。


  ・私の部下にひとり、問題意識がひじょうに高い人物がいました。
   ・・・なぜこれが必要なのか。なぜ別のやり方をしないのか。
   (p56)


  ・「倉庫の親分」といわれる人がいました。・・・もの静かで控えめな
   性格でしたが本の扱いになると人格が一変・・・「あんたも、自分が
   つくった本なら、もっと愛情を込めて大事にしなけりゃ駄目だ」(p131)


  ・憎まれない「すっぽん」になれますか?・・・
   自分に落ち度があったと悟ったときは素直にそれを認め、
   「失礼しました」と頭を下げたこと。相手から知恵を
   授けられたときは、その場でメモするほど向上心があった(p163)


  ・人に花をもたせることのできる上司は、自分自身、
   花のある人だということができます。(p199)


▼引用は、この本からです。

【私の評価】★★★☆☆(79点)

■著者紹介・・・本田 有明(ほんだ ありあけ)

 1952年生まれ。
 日本能率協会で経営本部、情報開発本部歴任。
 1996年にコンサルタントとして独立。
 能力開発、経営教育の分野で講演、執筆を行う。


─────────────────

■関連書評■
a. 「上司の急所」加納 光
【私の評価】★★★★☆

b. 「仕事の急所」加納 光
【私の評価】★★★★☆


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへにほんブログ村 本ブログへ


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
40,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
>>バックナンバー
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト

この記事が気に入ったらいいね!

この記事が気に入ったらシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: