本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「33人の否常識」グループ・オブ・33

(2008年11月17日)|本のソムリエ
このエントリーをはてなブックマークに追加

常識破りの組織に変える 33人の否常識

【私の評価】★★★☆☆(77点)


■アメリカは日本に比べ、
 型破りな人(企業)が多いように感じます。

 そして、この本にはアメリカの型破りな人が、
 勢ぞろいしている印象でした。


■これらの人々が、
 どうしてここまで革新を目指すのか、
 冒険を好むのか私にはわかりません。

 しかし、革新を好む人が多く、
 そうした人を評価する土壌が
 日本よりもあるのではないでしょうか。


  ・現状に適応する者は、後々頭角を現すことはない。
   ルールを守っていては、一生誰の目にも留まらない・・・
   スターダムに駆け上がるには、権威に異議を唱え、
   前例通りのやり方を拒む人たちだ。(p43)


■アメリカの革新企業の雰囲気を
 味わえる一冊だと思いました。

 本の評価としては、★3つとします。

─────────────────

■この本で私が共感したところは次のとおりです。


  ・ニュートンは微積分法や錬金術の研究にはるかに
   時間を割いたのに、なぜ重力を発見した人物として有名なのか?
   重力を命名したからである。(p58)


  ・自分の態度は、自分で選べる。
   どのような態度を取るかで、
   自分と周りの人々の人生が変わる。(p186)


▼引用は、この本からです。

常識破りの組織に変える 33人の否常識
グループ・オブ・33
きこ書房
売り上げランキング: 193478
おすすめ度の平均: 4.0
3 元気は出ますが、それだけです
4 ■心に刺さる章が少なくとも5本以上はあります!
5 ビジネスのヒントはみんなの考え
4 有名人が匿名で教えてくれる「常識を破る秘訣」

【私の評価】★★★☆☆(77点)


■著者紹介・・・グループ・オブ・33

 アラン・ウェバー、アミット・グプタ、エイプリル・アームストロング、
 キャロル・コーン、クリストファー・マイヤー、ダニエル・ピンク、
 デイブ・バルター、ディーン・デビアス、ドナ・サタージェス、ガイ・カワサキ、
 ヒース・ロウ、ジャッキー・ヒューバ、ジャクリーン・ノヴォグラッツ、
 ジェイ・グーリアード、ジュリー・アニクスター、ケヴィン・キャロル、
 リサ・ガンスキー、リン・ゴードン、マルコム・グラッドウェル、マーク・ベニオフ、
 マーシャ・ハート、マーク・キューバン、ポリー・ラバール、プロミス・フェロン、
 ランダル・ローゼンバーグ、レッド・マクスウェル、ロビン・ウィリアムス、
 ロビン・ウォーターズ、セス・ゴーディン、ティム・マナース、トム・ケリー、
 トム・ピーターズ、ウィリアム・ゴーディン

─────────────────

■関連書評■
a. 「知能販のプロになれ!」トム・ピーターズ
【私の評価】★★★☆☆

b. 「そうだ、葉っぱを売ろう!」横石 知ニ
【私の評価】★★★★★


読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
42,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト


この記事のシェアをお願いします



同じカテゴリーの書籍: