本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「インドネシアの独立と日本人の心―独立戦争に参画した人々が語るアジア解放への熱望と歴史の真実」総山 孝雄

2008/07/23本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

インドネシアの独立と日本人の心―独立戦争に参画した人々が語るアジア解放への熱望と歴史の真実


【私の評価】★★☆☆☆(68点)


内容と感想

■あの戦争はなんだったのか、
 体験した人も減ってきて、
 今となっては本で学ぶしかありません。


 欧米と戦った日本は、
 植民地だらけのアジアにおいて、
 唯一、欧米と対等な国家だったのです。


 この本では、インドネシア人から見た
 戦争時代の日本人と、戦後の日本人への
 印象を教えてもらうことができます。


■良い意味でも悪い意味でも、
 当時の日本人は立派だったのでしょう。


 インドネシア語を普及させたのも日本人だし、
 インドネシアの自尊心と独立を後押ししたのも
 日本人なのです。

 
 戦う誇りを持った祖先に
 感謝したいと思います。


この本で私が共感した名言

・憲兵隊はインドネシア人だけを連行し、日本人だけに甘かったかというと、そうではなく、日本人に対してもインドネシア人に対してと全く同じに厳しかった(p39)


・日本の軍政監部は、学校を作りなさい、中学校、高校を作りなさいと、どんどん教育に力を入れて行きました。日本軍政の三年半の間に、十万人のインドネシア人を教育したといわれています。(p112)


・日本がインドネシア語を普及させたことも、インドネシアの独立への大きな貢献の一つでした。(p128)


・私たちインドネシア人は、日本軍の占領時代の厳しい訓練を通じて、戦う精神を得ることができました。戦争前のオランダ時代は、私たちは支配者であるオランダ人の言うことに、ただ「イエス。イエス」としか言えませんでした。しかし今、私たちは「ノー」ということができます。なぜならば、私たちには誇りがあるからです。(p263)


・過去に韓国は何百回と中国に侵略されているのに、そのことには何も言わず、日本だけを責め恨んでいます。中国はティベットと占領し、ダライ・ラマを追行、ウィグルを弾圧しています。そんな中国に日本はとやかく言われる筋合いはありません。(ラトナ・サリ・デヴィ・スカルノ)(p281)


▼引用は、この本からです。

インドネシアの独立と日本人の心―独立戦争に参画した人々が語るアジア解放への熱望と歴史の真実
総山 孝雄
展転社
売り上げランキング: 1,172,234


【私の評価】★★☆☆☆(68点)



楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
banner_01.gifblogrankings.pngblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
42,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
>>バックナンバー
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト発行者の日記

この記事が気に入ったらいいね!

この記事が気に入ったらシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: