「国債を刷れ!「国の借金は税金で返せ」のウソ」廣宮 孝信

|

国債を刷れ!国の借金は税金で返せのウソ

【私の評価】★★☆☆☆(63点)


■日本は国の借金は膨大ですが、
 国家としてみれば、現金を持ち、
 世界最大の債権国です。


 金融危機で全世界は混乱していますが、
 日本はその中でまだましなほうなのでしょう。


  ・世界最大の債権国である日本が
   「デフォルト(債務不履行)し、
   IMF管理下に陥る」・・・
   現実には、多国間の対外債務問題に
   IMFが介入することはあっても、
   国内通貨建(日本の場合は円建)の
   債務問題に対応するなど有り得ない。
   普通に内政干渉である。(p269)


■債権者だからこそ、IMFに資金を供給し、
 お金を貸している国家のデフォルトを防止し、
 借金取立てをIMFにしてもらうのでしょう。


─────────────────

■この本で私が共感したところは次のとおりです。


  ・問題は国の借金が大きいことではない。
   GDPが伸びないこと、
   資産効率が落ちていることが
   問題なのだ(p27)


  ・韓国が破綻しかけた理由は、
   韓国政府の債務が理由ではない。
   多くの大企業が国内向け投資のために
   資金を外貨建ての借金で調達していた・・・
   アルゼンチンの場合は、政府自体の米ドル建て
   の借金が返せなくなった(p46)


  ・日銀の出資金(一般企業の株式に当る)の
   55%は日本政府が所有しているため、
   日銀は政府の「子会社」である。
   つまり、日銀がお札を刷ると、それは実質的に
   政府の利益になるのだ(p58)


  ・「カネは天下の回りもの」という発想が
   全く欠落している・・・
   エリート教育も、運悪く
   落ちこぼれてしまった人への援助も、
   両方やれば良いのだ。(p240)


▼引用は、この本からです。

国債を刷れ!国の借金は税金で返せのウソ
彩図社 (2013-05-24)
売り上げランキング: 180,165

【私の評価】★★☆☆☆(64点)



■著者紹介・・・廣宮 孝信(ひろみや よしのぶ)

 1999年精密機器メーカー入社。
 2005年退職し、個人トレーダーとして活動。


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキング
に投票する

人気ブログランキングへにほんブログ村 本ブログへ


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
35,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト一日一冊:今日の名言



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)