「「スモールビジネス」成功のセオリー90!」射手園 達一

|

「スモールビジネス」成功のセオリー90!

【私の評価】★★★★☆(80点)


■スモールビジネスを支援する一旗会を主催する著者が、
 起業のコツを教えてくれる一冊です。

 みずからも事業をしておられますので、
 「頼まれることがビジネスになる、現金商売、
  マネから始めよう、人をうまくつかう・・・」など
 具体的な助言が得られる一冊です。


  ・まず成功しているところを模倣するのが効率的。
   自分独自のやり方をするのは、基礎ができてから
   でもかまわない(p40)


■私が、最も印象的だったのは、
 アメリカではフランチャイズ事業が
 多いということです。


 つまりお金儲けをする近道は、
 お金儲けをしたい人をサポートするところに
 あるということです。


  ・アメリカでお金もうけをしようと思ったら、
   お金もうけをしたい人々を
   相手にすることだという事実でした。
   雑誌に載っていた大半の広告が
   フランチャイズ募集(p33)


■著者は失敗もしていますので、
 ビジネスが失敗したときのことも
 教えてくれます。


 失敗しても死ぬ必要はありません。
 困っているのは自分ではなく、
 債権者なのですから。


  ・そもそもビジネスは
   つぶれる宿命を持って誕生しており、
   うまくいったらしめたもので、
   つぶれたからといって何も
   大騒ぎする必要はありません・・・
   借金で困っているのはあなたではなく、
   実は貸し手だということをお忘れなく。(p245)


■この一冊で起業のコツがわかるだけでなく、
 起業したときに何が起こるのかということが
 イメージできるように感じました。


 やはり起業をするとき、メンターがいると
 失敗の可能性を低くすることが
 できるのかもしれませんね。


 本の評価としては★4つとしました。

─────────────────

■この本で私が共感したところは次のとおりです。


  ・自分の好きなこと、得意なこと、人が求めていること、
   人からよく頼まれること、これらがビジネスになる(p18)


  ・スモールビジネスにとって最も大事なことは
   「立ち上げる」ということです。
   一度ビジネスが動き出せば、
   何とか仕事は入ってくるものです。(p38)


  ・全力投球の3日で反応が出て、
   3週間で結果が出て、
   3ヶ月でビジネスの基礎ができる(p47)


  ・人を動かすには、
   感謝、ねぎらい、期待、励ましの
   一言が大事(p198)


  ・スモールビジネスは現金商売に徹しよう。
   どんなにいい相手で大きな取引でも、
   初期の掛売りは断ったほうが無難(p208)


▼引用は、この本からです。

「スモールビジネス」成功のセオリー90!
射手園 達一
光文社
売り上げランキング: 8238
おすすめ度の平均: 4.5
5 個人ベンチャー起業の成功は実行力!
4 困難・苦難に待ち向かう勇気をくれる1冊
5 起業する人へ
4 ボリュームたっぷり!
5 独立開業をする前に

【私の評価】★★★★☆(80点)


■著者紹介・・・射手園 達一(いてぞの たついち)

 1943年生まれ。1967年に起業し、成功と失敗を繰り返す。
 1976年に渡米し、成功するも、ビジネスを乗っ取られる。
 1997年にスモールビジネスを支援する一旗会を設立。
 現在の本業は、ケータリングサービスと自動車アクセサリー卸業。


読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
banner_01.gifblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
40,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト発行者の日記



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)