「汗出せ、知恵出せ、もっと働け!」丹羽 宇一郎

| コメント(2) |

汗出せ、知恵出せ、もっと働け!―講演録ベストセレクション

【私の評価】★★★★★(90点)


■世の中には、現実を直視できる人が、
 ごくわずか存在します。
 私には、丹羽さんがその人だと感じました。


 丹羽さんに見えるのは、何もない日本です。
 食料なし、エネルギーなし、水なし・・・
 日本にあるのは、「日本人」と
 その勤勉さに裏打ちされた
 「技術」だけなのです。


 ・日本人よ、目を醒ませ。日本には日本人が
  食っていけるだけの天然資源はないのだぞ。
  あなたがたや私たちが稼ぐよりほか、
  これを手に入れる術はないのだぞ(p2)


■日本の法制度を含めた硬直性も
 問題です。法令遵守が国を滅ぼす・・・


 あまりに官僚と法律に縛られた民間企業は、
 日本では自由に活動ができないのです。

 
 ・武田薬品は、アメリカに研究所を移して、
  新薬の開発をしています。なぜなら、
  日本では規制が厳しすぎて、
  開発ができないからです・・・
  日本は確実に取り残されるでしょう。(p26)


■そして、税率も高い。


 ・たとえば法人税です。・・・
  同じ一兆円儲けても・・・
  実効税率は韓国27.5パーセント、
  日本は約40パーセントですから、
  一千億円余り違うのです。(p168)


■年金をくれ、道路を作れ、医者を増やせ・・・
 と要求ばかりの日本人ですが、
 そうした日本人を叱ってくれる一冊でした。


 文句を言う前に、自分で稼いで税金を
 納めればいいんですよ、
 と現実を教えてくれる一冊です。


 ★5つとしました。

─────────────────

■この本で私が共感したところは次のとおりです。


 ・1973年にアメリカで大豆の輸出が禁止になったとき・・・
  もうアメリカに頼っていてはダメだ、と思いました。(p20)


 ・アメリカでは、(臓器)移植希望者が長蛇の列をつくっていますが、
  日本人はその行列に、大金を払って割り込んでいます。・・・
  日本人は金の力で何でもやれると思っているのかと、ものすごく
  評判が悪いんです。(p25)


 ・営業は、未知数のことをやるわけですから、
  失敗もする。管理部門は文句を言うだけです。
  しかし、文句を言うことが
  実行力であるかのように、
  間違って解釈されてしまうケースがきわめて多い・・
  管理タイプの人がどんどん昇進していけば、
  うちは管理会社になってしまうでしょう。(p108)


 ・飲み屋のお姉さんに給料の半分を払う。
  独身寮に三割ぐらい払って、
  あとのニ割は本代です・・
  本には相当なお金をつぎ込みました。(p58)


 ・省庁間の書類の字句の修正、政治家への
  「ご説明」、「ご進講」、
  国会の資料作りに忙殺されて、
  皆さんの先輩方は、何のために
  公務員になったのかわからないような
  仕事をしています。(p126)


▼引用は、この本からです。

汗出せ、知恵出せ、もっと働け!―講演録ベストセレクション
丹羽 宇一郎
文芸春秋
売り上げランキング: 9494
おすすめ度の平均: 5.0
5 広い層に参考になる内容
5 人の強さというもの

【私の評価】★★★★★(90点)



■著者紹介・・・丹羽 宇一郎(にわ ういちろう)

 1939年生まれ。62年大学卒業後、伊藤忠商事入社。
 一貫して食料畑を歩む。68年から9年間アメリカ駐在。
 98年に社長就任。99年に不良資産を一括処理。
 社長任期6年の公約どおり04年から会長に退く。


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
40,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト発行者の日記



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)