「私の財産告白」本多 静六

| コメント(0) |

私の財産告白

【私の評価】★★★★★(93点)


■大学教授として給与取りながら、
 巨万の富を築き、
 退官後はその財産のほとんどを寄付した
 本多静六氏のお金の考え方をまとめた一冊です。


 私は、日本経営合理化協会の「人生と財産」で既読でしたが、
 たった1000円で再読できるのはありがたいことです。


■まず、お金を増やすためには、
 核となるお金を貯める必要があります。


 その手段は、天引き貯蓄アルバイトです。


 ただし、アルバイトは本業に良い影響を与える
 ものでなくてはなりません。


・私は確信をもって人にすすめてきた。どんなに辛い思いをしても、まず千円をお貯めなさい・・・千円溜まれば、たちまち五千円貯まり、五千円貯まれば間もなく一万円にはいとやすいことである。(p37)


■そして、その貯まったお金を投資していきます。


 それはFXのような投機ではなく、
 より確実な投資でなくてはなりません。


 好景気のときには貯蓄をし、
 お金が不足する不景気のときにこそ
 思い切った投資をすることが肝要です。
 (そういう意味では今が日本株投資のラストチャンスかも)


・投資戦に必ず勝利を収めようと思う人は、何時も、静かに景気の循環を洞察して、好景気時代には勤倹貯蓄を、不景気時代には思い切った投資を、時機を逸せず巧みに繰り返すよう私はおすすめする。(p52)


■あくまで、お金というものは、
 本業に打ち込む自分の生活を保障するものであり、
 お金儲けが人生の目的ではたりえません。


 自分の人生をかけるべきものを見つけた人こそが、
 幸せといえるのでしょう。


・平凡人はいついかなる場合も本業第一たるべきこと。本業専一たるべきこと。一つのことに全力を集中して押しすすむべきこと。これが平凡人にして、非凡人にも負けず、天才にも負けず、それらに伍してよく成功をかち得る唯一の道である。(p206)


■お金の付き合い方と、
 仕事を通じた社会貢献が柱となっています。


 まさに「先哲の知恵」とは、
 このような本のことを言うのでしょう。


 文句なく★5つとしました。

─────────────────

■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・貯金とアルバイトで雪達磨の芯を作る・・・新しく積極的な利殖法を考えることである。それは断じて「投機」ではない。・・・あくまでも堅実な「投資」でなければならぬのだ。(p47)


・私は五十からの理想として、自分の確実に得られる年収を四分し、その一分で生活し、一部を貯金し、一分を交際修養費に当て、残りの一分を社会有用の事業に投ずる(p86)


・「天才マイナス努力」には、「凡才プラス努力」のほうが必ず勝てる(p190)


・職業を道楽化する方法はただ一つ、勉強に在する。努力また努力のほかはない。あらゆる職業はあらゆる芸術と等しく、はじめの間こそ多少苦しみを経なければならぬが・・・一意専心努力するにおいては、早晩必ずその仕事に面白みが生まれてくる(p187)


▼引用は、この本からです。

私の財産告白
私の財産告白
posted with amazlet at 08.08.12
本多 静六
実業之日本社
売り上げランキング: 8890
おすすめ度の平均: 4.5
4 歴史の重み、万人に共通する蓄財術
5 歴史に学ぶ。
5 金持ちになることが終点ではない。
5 まるでお爺ちゃんが話しかけてくれているよう
4 時代を超えて耳を傾けるべき言葉

【私の評価】★★★★★(93点)



■著者紹介・・・本多 静六(ほんだ せいろく)

 1866年生まれ。大学卒業後、ドイツへ私費留学。
 1892年東京農科大学の助教授となり、
 「4分の1貯金」と「一日1ページ原稿執筆」を開始。
 1900年教授となり、研究のかたわら投資により財産を築く。
 1927年退官時に全財産を匿名で寄付。
 その後も晴耕雨読の簡素な生活を続け、370冊の著作を残す。
 1952年逝去。


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
40,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト発行者の日記



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)