「定年上手 人生後半の設計図―あるのとないのと、どうちがう?」森村 誠一、堀田 力

| コメント(0) |

定年上手 人生後半の設計図―あるのとないのと、どうちがう? (PHP文庫)

【私の評価】★★★☆☆(78点)


■作家の森村誠一氏と、
 検察高級官僚から福祉ボランティアの
 世界に飛び込んだ堀田力氏の対談です。


 対談ですが、お二人が自分の経験を
 思いのままに語っていますので、
 講演を二つ聞いているような感じでした。


 内容としては堀田力氏の生き方、考え方が、
 非常に印象的でした。


■人生80年と考えれば、
 60歳で仕事を引退するとしても、
 まだ20年以上生きていかなくてはなりません。


 そこに、自分らしい居場所を見つけることができるのか、
 できないのかで、老後は大きく変わるはずです。


・自分の居場所が欲しいからです。・・・
 定年後に全く初めての人間関係の中に入っていこうとする。
 みんな自分の居場所を見つけるために、
 いろんなサークルや集まりに参加するわけです。
 (堀田)(p35)


■堀田氏は、身を粉にしてサラリーマンとして働いたのならば、
 引退後は、もう一度夢をみるべきであるとしています。


 サラリーマン時代には、
 様々な"しがらみ"からできなかったことを
 引退後には、できるというわけです。


・多くのサラリーマンは自分を
 すりつぶして生きてきました。・・・
 スルメのままで人生を終えるのは
 何とも悲しいではありませんか。
 だからこそ、後半期の人生では、
 もう一度夢を見ることが大切なのです。
 (堀田)(p66)


■老後の話よりは、
 堀田氏の思考法が勉強になりました。
 検察の鬼といわれた知恵に★3つとします。


─────────────────

■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・私が法務省の官房長になった時、
 法務省の上の方の階に一室を与えられました。・・・
 一人で部屋にいても何も楽しくないのです。・・・
 仲間たちが、急に対等の人間として
 話してくれなくなる。(堀田)(p44)


・「この会にはあまり参加したくないな」と迷った時、
 前半期ならば参加する方を選択すべきです。
 そこにはたくさんのビジネスチャンスと
 貴重な人脈があるかもしれないからです。
 しかし後半期になれば、少しでも迷いがあれば
 行くべきではありません。(堀田)(p211)


・何かを書こうと思い立ったら、
 まずは読まれることを意識すべきです。
 読者を意識することによって、
 より分かりやすい文章を書く努力をします。・・・
 これが文章上達のコツなのです。(森村)(p77)


▼引用は、この本からです。

定年上手 人生後半の設計図―あるのとないのと、どうちがう? (PHP文庫)
森村 誠一 堀田 力
PHP研究所
売り上げランキング: 536683

【私の評価】★★★☆☆(78点)



■著者紹介・・・森村 誠一(もりむら せいいち)

 1933年生まれ。
 ホテルマンとして働きながら執筆を始める。
 「人間の証明」「忠臣蔵」「新撰組」など著書多数。


■著者紹介・・・堀田 力(ほった つとむ)

 1934年生まれ。大阪地検特捜部検事、東京地検特捜部検事、
 ロッキード事件に係わる。法務大臣官房人事課長、
 最高検察庁検事、法務大臣官房長などを歴任。
 1991年に退職し、さわやか福祉財団を設立し、
 理事長を務める。著書多数。


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
40,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト発行者の日記



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)