本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「デキる上司」白潟 敏朗

(2007年5月 8日)|本のソムリエ
このエントリーをはてなブックマークに追加

デキる上司

【私の評価】★★★★★(91点)


●部下を持って最初の難関は、
 部下とのコミュニケーションでしょう。


 上司は部下が何を考えているのかわからない。
 部下は上司が何を考えているのかわからない。
 そうしたことが、起こりがちです。


 ・世の中にあるさまざまな「誤解」は、
  実は、「考えかたのちがい」というようりは、
 「会話の時間が足りない」ことに起因している(p45)


●これを解決するには、
 こまめに会話をする必要があるのですが、
 これは意識的に行う必要があります。


 この本では、公平に部下とのつきあうために、
 部下一人ひとりとの会話の頻度を
 シートに記録することを勧めています。


 ・部下とのつきあいの頻度を「自己診断シート」を使って
  チェックすることで自分自身で認識でき、自分から
  公平にしようと行動できる(p194)


●また、職場の一体感を高めるために、
 「オキテ」を作ることを推奨しています。


 あいさつ、身だしなみ、報連相・・・
 こうした基本的なオキテをみんなで作ることで、
 全員が基本ルールを守ろうという
 雰囲気つくりができるようです。


 ・上司と部下全員で「オキテ」をつくりましょう!・・・
  「ウチの部門で最低限守らないといけないルールってなんだろうね?」
  という質問に順番に答えていきましょう。・・・
  そのなかのベスト5! ・・・大きな模造紙に書いて
  壁にペタッと貼る-これだけです。(p204)


●このように、

 この本には上司の課題について、
 解決に役立つツール・手法が満載されています。


 精神論ではなく、
 方法論が示されているのが素晴らしいと思います。


 ・「ありがとうカード」・・・「リッツカールトン」でも、
  「ファオーストクラス・カード」という形で仲間に感謝を
  伝えるために行っている信頼性のある手法(p139)


●この本の手法の一つ、二つ実行するだけで、
 職場の雰囲気が変わることは
 間違いないでしょう。


 実際の職場で使える一冊です。
 ★5つとしました。


─────────────────

■この本で私が共感したところは次のとおりです。


 ・コツの発表・・・順番を決めて「うまく仕事をするコツ」を
  それぞれが発表すればいいんです。これならテーマ決めも
  下準備もまったくナッシングです。(p177)


 ・「ほめる4」対「しかる1」の、
  「4対1」が最も最適(p144)


 ・チョットの時間でもいいので、
  部下とたくさん会話をすること(p58)


▼引用は、この本からです。

デキる上司
白潟 敏朗
中経出版
売り上げランキング: 118054

【私の評価】★★★★★(91点)



■著者紹介・・・白潟 敏朗(しらがた としろう)

 1964年生まれ。
 トーマツ イノベーション株式会社専務。コンサルティング本部長。


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
42,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト発行者の日記


この記事のシェアをお願いします

この著者の本 : , ,



同じカテゴリーの書籍: