本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「ディズニーランド101の謎」TDL研究会議

(2007年2月10日)|本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

ディズニーランド101の謎 (新潮OH!文庫)

【私の評価】★★☆☆☆(69点)


■ ディズニーランドには奥深いものがあります。


 秘密があり、謎、そして驚きがあります。


 そうした一つひとつの謎が、
 お客さまを引き付けるのでしょう。


 良い本をありがとうございました。


-----------------------------------------------------------------


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・欧米では、最低2週間、1カ月や2カ月が当たり前だ。
 ところが、日本人は2泊3日のサイパン旅行や、
 3泊5日のハワイ旅行でも、立派なバケーションなのだ(p45)


・『蒸気船マークトウェイン号』の場合、いくらアトラクションといえども、
 船舶法により母港の登録が必要になる。そのため、通常は水の中なので
 見えないものの、船尾下に母港である「浦安」と書かれている(p52)


・消防法により、『ミッキーの家』の収容人員は515人と
 定められている(p52)


・東京ディズニーランドの駐車場は、
 なんと1万4000台も収容できる(p84)


・無料シャトルバスに乗ってオフィシャルホテルの
 レストランへ行っちゃおう(p117)


ディズニーランド101の謎 (新潮OH!文庫)
ディズニーランド101の謎 (新潮OH!文庫)
posted with Amazonアソシエイト at 13.06.01
TDL研究会議
新潮社
売り上げランキング: 795,005

【私の評価】★★☆☆☆(69点)


この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
36,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。

この記事のシェアをお願いします



同じカテゴリーの書籍: