「脳と心の洗い方~「なりたい自分」になれるプライミングの技術」苫米地 英人

|

脳と心の洗い方~「なりたい自分」になれるプライミングの技術~

【私の評価】★★☆☆☆(67点)


●『なりたい自分になる』ということは、
 一つの成功ともいえるでしょう。


 この本では、自己洗脳によって『なりたい自分になる』
 方法が書かれてあります。


●その方法は、なりたい自分のイメージをかぎりなく
 確信にまで強化することです。


 (本書では、大いなる勘違いという表現を使っていますが)


●強化する手法では、二つ印象に残りました。
 ひとつは、イメージと現実を結びつけるという手法です。


 たとえば、テニスで優勝するイメージを強化するためには、
 「優勝のとき、今はいているシューズをはいていこう
 と考えるのです。


 ・「一部上場したときは今着ているこの服を着よう」(p130)


●もう一つは、過去の成功体験を
 モノに貼り付ける
方法です。


 たとえば、この絵具を使うとスキー大会で優勝したとき、
 この絵具を使うと彼女と付き合いはじめたときの
 うれしい気持ちが思い出されるように、
 絵具と成功体験を結び付けます。


 そして、そうした結びつけが強固になった段階で
 絵具を使って『なりたい自分』のイメージを描きます。


 つまり、その絵具を使って
 『なりたい自分』のイメージを描くことで
 "なりたい自分のイメージ"="気持ちのいい成功体験"となり
 イメージが強化されるわけです。


●ある人が、人を育成するためには
 成功体験を繰り返し経験させるとよいと言っていましたが、
 成功体験があれば、容易に成功イメージを
 持てるということでしょう。


●ポイントが分散されて、わかりにくいところがある本ですが、
イメージ強化の手法は使えそうなので★2つとしました。


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


映画、テレビ、報道、連ドラにCM、すべてが洗脳技術
 なりえます・・・メディアを通すと、
 トランス状態になりやすいのです(p49)


・実際に報道されるものというのは記者が
 手に入れた記事のほんの数パーセントにすぎません。
 そこで、見せないという洗脳が
 報道というレベルで自然と行われています。(p58)


・占い師を例に出せばわかりますが、
 成功している占い師というのは、「脅し屋」です。
 「あなたの墓はとんでもないです」
 といって墓石を売りつける人が多いのです。
 脅しがうまいわけです。
 伝統的な催眠術では驚愕法といわれていますが、
 強烈なトランスになります。(p90)


▼引用は、この本からです。

【私の評価】★★☆☆☆(67点)



■著者紹介・・・苫米地 英人

 1959年生まれ。脳機能学者・計算言語学者。
 イェール大学認知科学研究所研究員、カーネギーメロン大学研究員、
 徳島大学助教授、ジャストシステム基礎研究所所長。


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
25,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト発行者の日記



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)