本のソムリエが一日一冊、おすすめの書籍を紹介します。
本ナビ > 書評一覧 >

「ペイ・フォワード」キャサリン・ライアン・ハイド

(2006年8月23日)|

ペイ・フォワード (角川文庫)

【私の評価】★★☆☆☆(67点)


●カリフォルニアの小学校で、
 生徒に宿題が出されます。


・「世界を変える方法を考え、
 それを実行しよう」(p57)


 その授業を受けたトレヴァー少年は、
 「自分が3人によいことをする
 そして、その3人がさらに他の3人によいことをする、
 そして、さらにその3人が・・・」こうした計画を実行しはじめます。


・「人の意志に任せた親切運動ね」
 そう言った婦人の言葉に、
 トレヴァーは首を振った。
 この計画は、
 人の意志に任せたものではあり得ない。
 これはきちんと構成された計画であり、
 だからそこ利点があるというのだ。(p94)


●はじめは、普通の生活に戻りたい路上生活者に、
 新聞配達で稼いだお金を渡して、
 更正の援助をすることにしました。


 彼は、その金で、服を買い、
 面接を受け、仕事をはじめました。


 しかし、彼は最初の給料をもらうと、
 また麻薬に手を出してしまいます。


●また、近所のおばあさんの
 庭の手入れを手伝うこともはじめました。


 身体の自由がきかないおばあさんのために
 庭の手入れをしてあげたのです。


 しかし、となりのおばあさんも、
 病気で亡くなってしまいました。


●このように失敗に終わったかと思われた
 この計画は、
 ひそかに広がっていたのです。


 最近、ギャングの殺し合いが
 減っている!?
 なんとギャングの間に
 ペイ・フォワード運動が広がっていたのです。


●この事実が、テレビで放映されると
 トレヴァー少年は時の人となりました。


 そして、大統領と面談することになり、
 ラストシーンへ。


 最後は、小説にありがちな結末となりましたが、
 本田健さんで有名な「ペイ・フォワード」の
 原型ともいえる小説ですから、
 一読の価値があると思います。★2つとしました。


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・われわれはふたりとも
 『夢をあきらめずに行動すれば、何が起こるか
 を示すいい例というわけだ。(p364)


▼引用は、この本からです。

ペイ・フォワード
キャサリン・ライアン ハイド Catherine Ryan Hyde 法村 里絵
角川書店 (2002/06)
売り上げランキング: 6,513
おすすめ度の平均: 4.31
4 フィクションであることが残念な名作
5 一読、及び、実行をお薦め致しますm(__)m
5 感動させられます!

【私の評価】★★☆☆☆(67点)



■著者紹介・・・キャサリン・ライアン・ハイド

 カリフォルニア在住。小説家。受賞暦多数。


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
25,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト発行者の日記


この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: