本のソムリエおすすめ本を紹介する書評サイトです
本ナビ > 書評一覧 >

「アルケミスト―夢を旅した少年」パウロ・コエーリョ

2004/07/21公開 更新
本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

アルケミスト―夢を旅した少年 (角川文庫―角川文庫ソフィア)


【私の評価】★★★☆☆(78点)


要約と感想レビュー

 この物語では、少年が「夢」を追いかけて旅にでます。その夢は、ピラミッドにある宝を見つけることです。なぜ、ピラミッドかといえば少年が夢を見たからです。(ちょっと設定が強引?)


 羊飼いの少年は、夢のために旅立ちます。そこには貧しいながらも安定した生活と友人がいます。悩みながらも彼はリスクのある旅を選択するのです。

 
・結局、人は自分の運命より、他人が羊飼いやパン屋をどう思うかという方が、もっと大切になってしまうのだ(p32)


 この本では「前兆」といっていますが、人生ではたくさんの選択の機会に出会います。それは、スキーだったり、海外旅行だったり、進学だったり、就職だったり、結婚だったりします。


 この物語のように仕事をやめて宝を探しにいくのは極端としても、自分のやりたいことを本当に選択しているのか?ということは、非常に大切なことだと思います。そして一歩踏み出せば、新たな体験と苦労が待っているはずです。それを乗り越えたとき新たな景色が見えてくるのでしょう。


この本で私が共感した名言

・「学ぶ方法は一つしかない」と錬金術師は答えた。「それは行動を通してだ」(p152)


・普通、死の恐怖は、自分の人生について、多くのことを気づかせてくれるものだ。(p171)


アルケミスト―夢を旅した少年 (角川文庫―角川文庫ソフィア)
パウロ コエーリョ
角川書店
売り上げランキング: 601


【私の評価】★★★☆☆(78点)



著者紹介

 パウロ・コエーリョ(Paulo Coelho)・・・1947年、ブラジル・リオデジャネイロ生まれ。舞台監督や脚本家、ジャーナリスト、作曲家などを経たのち、作家となる。初めての小説『星の巡礼』を出版して以来、全世界で3億2000万部以上を売り上げている。83言語に訳され、170か国以上で出版された『アルケミスト』は、ブラジル史上最大のベストセラー。もっとも多くの言語に翻訳された存命の作家としてギネス記録をもつ。


読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
18,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
>>バックナンバー
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。


お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト発行者の日記

<< 前の記事 | 次の記事 >>

この記事が気に入ったらいいね!

この記事が気に入ったらシェアをお願いします

この著者の本 :


コメントする


同じカテゴリーの書籍: