本のソムリエおすすめ本を紹介する書評サイトです
本ナビ > 書評一覧 >

「アイデアのつくり方」ジェームス・W・ヤング

2003/12/24公開 更新
本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

アイデアのつくり方


【私の評価】★★☆☆☆(67点)


要約と感想レビュー

 「アイデアとは既存の要素の新しい組み合わせ以外の何ものでもない」で有名な一冊です。アイデアの作り方の真理を伝えていると思うのですが、さすがに古い本なので、インパクトに欠けました。


 どうせ読むなら、アイデアの作り方をひととおり網羅している「考具―考えるための道具、持っていますか?」のほうがいいのでは、ないでしょうか。


この本で私が共感した名言

・つねにそれを考えることによってです(アイザック・ニュートン:どうしてあなたは、この発見をされるようになったかとたずねられて)


▼引用は、この本からです。


【私の評価】★★☆☆☆(67点)


目次

この考察をはじめたいきさつ
経験による公式
パレートの学説
心を訓練すること
既存の要素を組み合わせること
アイデアは新しい組み合わせである
心の消化過程
つねにそれを考えていること
最後の段階
2、3の追記



著者紹介

 ジェームス・W・ヤング(James W. Young)・・・アメリカ合衆国の実業家。1886‐1973。アメリカ、ケンタッキー州生まれ。10代のころからさまざまな職業を体験し、26歳でアメリカ最大の広告代理店トムプソン社に入社。すぐに頭角を現し、広告の制作に手腕を振るう。42歳で一線を退いた後は、シカゴ大学で教鞭をとるかたわら、出版、通信販売などさまざまな仕事を手がけた。トムプソン社の常任最高顧問、アメリカ広告代理行協会の会長などを歴任


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
42,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
>>バックナンバー
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。


お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト発行者の日記

<< 前の記事 | 次の記事 >>

この記事が気に入ったらいいね!

この記事が気に入ったらシェアをお願いします

この著者の本 :


コメントする


同じカテゴリーの書籍: