本のソムリエが一日一冊、おすすめの書籍を紹介します。
本ナビ > 書評一覧 >

「叱り叱られの記」後藤清一

(2003年9月22日)|

叱り叱られの記 (エスカルゴ・ブックス)

【私の評価】★★★★☆(87点)


人間、四十才を過ぎたら、
己れの顔に責任を持てといわれる。
同じ意味で、人間、四十才を過ぎたら、
己れの運命に責任を持つべきではあるまいか。


●多くの本を読むなかで気がついたことですが、
 成功している人、お金持ちの人は、
 「私は運がよかった」とよく言っています。


 「夢を持った、苦労した、でも運良く成功した」
 こういう感じです。


●でも本当に運なのでしょうか。
 ポイントは「苦労した」というところで、
 この中身が問題です。


 成功している人は真剣に苦労しています。
 そして、諦めません。


 成功するまで、工夫するのです。
 その真剣さが運をひきつけます。


●ですから、これは運ではないのですが、
 そこを「運がよかった」ということで、
 謙虚に次の成功に進めるのでしょう。


●この本で私が共感したところは次のとおりです。


・私情にかられてのそれ(叱る)はいけないけれども、
 ものの道理にはずれたことをした人には真剣に叱る、
 それは人情を超えた、人間としての大切なつとめの
 一つではないだろうか。(松下幸之助)


・(松下幸之助は)甘やかせたり、ベタ褒めする、
 ということもされなかった。
 厳しくする時には厳しく筋を通す。
 一方、功績があれば、それを認めて褒める。
 何でもないことのようだが、
 これを自然に行うということは、
 なかなかむずかしいことであろう。


・「できるだけやります」-
 これほど人を侮蔑したことばはない。
 初めから逃げ道をつくっての返答。
 私のもっとも嫌うところである。


・(松下幸之助は)社員をなんとか
 一人前にしてやろうという愛情、
 あふれ出るような正義感、さらに方針というか、
 ひとつの企業の理想像を持っておられた。
 そのどれにふれても雷が落ちる。


・松下という人は、つねに遠くを見ている。
 その遠くから、現在只今にグッと二本のレールを敷く。
 そしてそのレールの上をひた走った感がある。
 あの激しさは、それ以外の何物からくるものではない。
 松下の経営はこうあるべきや。
 松下の社員はかくあるべしや。
 大将の頭の中には、理想がある。
 理想の経営というものに対する動機づけ、
 方向づけに寄せるあふれ出るような
 意欲と気迫だ。


●この本は、松下幸之助、井植歳男という
 二大経営者に仕えた
 後藤清一氏の経験を綴った書です。


 やはりなんといっても、
 前半の松下幸之助、井植歳男とのやり取り、
 経験談が圧巻です。


 ただ、呆然と読み進む私がいました。


 「これでは、だれでも松下電器のために命をかけて働くな」
 というのが読後の感想です。


叱り叱られの記 (エスカルゴ・ブックス)
後藤 清一
日本実業出版社
売り上げランキング: 639355

【私の評価】★★★★☆(87点)



この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: