本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「稼ぐ商品・サービスづくり」 井上 和弘

(2003年9月 8日)|本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

稼ぐ商品・サービスづくり

【私の評価】★★★★☆(89点)


どこの会社でも、コスト削減は真面目にやっているのだが、
どうしても甘いとしか言いようがない。
これまでの業者とのなあなあの関係を引きずり、
「これ以上コストダウンをはかると業者が死にます」
と仕入担当者が業者の言い分を代弁する始末だ。
自分の会社の生命より仕入業者の生命の方が
大事だとでも言うのだろうか。

稼ぐ商品・サービスづくり」井上 和弘

------------------------------------------------------------------

●「今日の名言」は非常に耳に痛いことばです。


 口で言うのは簡単ですが、
 実際にどう値切ればいいのかよくわかりません。


松下幸之助は仕入れの担当者に、

 「これでは高い・・・とにかくこのままでは競争に負ける。
 だから勉強してほしい。・・・やり方次第では、
 安くして、しかも君の方もこれまで以上に
 利益があがる方法があるのではないか」

 と繰り返し要望しなさいと言っています。


●今ではどこの会社でもやっていることですが、
 本当に担当者が熱心にこの気持ちを伝えることで、

 「この人の言うことはもっともだ。
  きついことを言われるけれど、なかなか偉い人だ」

 と営業マンに思わせるくらいでなくてはならないそうです。


●この本で共感したところは次のとおりです。


・社長はマーケットの人たちやお得意先の人たちと、
 自分の時間の50%は使ってもらいたいと考えている。


・会社をこれまでと変えたければ、
 会社の中に「鬼の○○」「悪源太」と
 呼ばれるような人材が必要だ。


・国内でできない人が、
 いたずらに海外に出かけても、
 できるわけがないのである。


・安住、安定は恐いのだ。
 中から腐っていくからである。


・中元・歳暮は一切もらってはいけない。
 もし送ってこられたら全部送り返せ。
 それが面倒なら全部会社にもってこいと、
 はっきり指導しておくことである。


●井上先生の会社を見る視点には、
 ギクリとするところがあります。


 高い本ですが、

 「オレはサラリーマンなので給料は変わりゃしないや」

 と思っている方以外にはお薦めします。


 (この本を読めば、一生のうちに一万円以上
  収入は増えると思うのですが・・・・・)


稼ぐ商品・サービスづくり
井上 和弘
日本経営合理化協会出版局
売り上げランキング: 370698
おすすめ度の平均: 4.0
4 中小企業・オーナー企業社長には必読の一冊です

【私の評価】★★★★☆(89点)


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
42,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト発行者の日記

この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: