98点 / 97点 / 96点 / 95点 / 94点 / 93点 / 92点 / 91点 / 90点 /の書籍


タグ「西沢泰生」が付けられているもの

    「思い出すだけで心がじんわり温まる50の物語: "小さな幸せ"が集まってくるストーリー」西沢 泰生

    【私の評価】★★★☆☆(73点) ■西沢さんが、読書で見つけた  心が温かくなる物語を  集めた一冊です。  50個集めるのは大変ですね。  逆に50個集めると  本になる。 ■自分もやってみたいと  思いました。  西沢さん、  良い本をありがとうございました。 ─────────────── ■この本で私が共感したところは次のとおりです。 ・欽ちゃんが、自分の劇団員たちに出題した  「難問」とは次のようなものです。  問題 丸3日間 食べ物を買うお金がなくて、    お腹が減ったらどうする...


    「1分で心に効く50の名言とストーリー」西沢泰生

    【私の評価】★★★★☆(83点) ■このメールマガジンのように  名言を紹介する一冊です。  人生で悩んだとき、  一歩が踏み出せなくなったとき、  名言が助けてくれることがあります。  私の知らない話も入っていますので、  私よりも本を読まれているのかも  しれませんね。 ・「もうダメ」ではなく、  「まだダメ」なのだ  (野村克也)(p56) ■人は「もうだめだ」と考えがちです。  私もそう思ったことがありました。  しかし、人の助けを借りながら、  その日一日をなんとか過ごす。  そうし...


    「明日をちょっぴりがんばれる48の物語」西沢 泰生

    【私の評価】★★★★☆(88点) ■クイズ王でありながら、  社内報担当、社長秘書を歴任した  著者が教える成功法です。  すべてに順調にいっている  ように見える成功者でも、  実際には失敗することもある。  失敗を乗り越えたから  今の成功があるのです。 ・「失敗したって殺されるわけじゃない」って、  実は私自身が、仕事でテンパってしまったときに  「別に殺されるわけじゃないか・・」  と思い至って、心が楽になった  魔法の言葉でした(p66) ■成功している人は、  好きなことを続けてい...


    「逆転スイッチ! "絶体絶命のピンチ"を一瞬で"チャンス"に変えた33の物語」西沢 泰生

    【私の評価】★★★☆☆(75点) ■ある経営者が、  「打つ手は無限にある」  と言っていました。  もうだめだ・・・  と思ったところからが、  勝負なのです。  本田宗一郎さんは、  外国でタイヤを持って帰るお金がないとき、  タイヤを首にかけて  飛行機で帰ってきたという。 ・マン島の現地を訪れた本田さんは・・・  ドルの持ち金のギリギリまで機械の買い付け・・  タイヤを貨物として運ぶには別料金が必要だと言われ・・  「これは首飾りだ」と言い張って、  首にかけて機内に持ち込んだ(p16...


    「小さな幸せに気づかせてくれる33の物語と90の名言」西沢 泰生

    【私の評価】★★★★★(91点) ■クイズ王が、20年間、集めた  名言、エピソード集になっています。  幸せに成功する人には、  ある特徴があります。  変えられないことを嘆かないこと。  変えるべきを変えること。  そして、自分にできることは、  できるだけ準備するのです。 ・そいつが何に腹を立てるかで、  そいつの人間の器の大きさがわかる  (ウィインストン・チャーチル)(p18) ■人は完璧ではありえませんから、  常に進歩していきます。  楽しいときも進歩しているし、  苦しいときも...


    「壁を越えられないときに教えてくれる一流の人のすごい考え方」西沢泰生

    【私の評価】★★★★☆(81点) ■クイズ形式で、一流の人の考え方を   教えてくれる一冊。  やはりクイズ形式はおもしろい。  私も実はこんな本を  書いてみたかったのかもしれません。 ・炎に包まれる学校を見ながら、  小林校長が息子に言った言葉は何だったでしょう?    ・    ・    ・    ・    ・    ・    ・    ・    ・    ・    ・    ・    ・    ・    ・    ・  「おい、今度は、どんな学校を作ろうか?」(p178) ■一流の人は...


    「大切なことに気づかせてくれる33の物語と90の名言」西沢 泰生

    【私の評価】★★★☆☆(78点) ■この本で学ぶ大切なこととは、  一生懸命やることでしょうか。  だれでも一生懸命やっている!  と思っていると思います。  成功している人の  一生懸命とはどういうことなのでしょうか。 ・一生懸命に作ったものは、  一生懸命見てもらえる  (黒澤明)(p25) ■初めから面白いことは、  あまりないと思います。  やっているうちに面白くなる。  極めていくうちに楽しくなってくる。  そうすると、  やらずにおられなくなる。  そうすると外から見ていると、  ...


1
QR_Code.gif
左記QRコードまたはこちらから、空メールを送信してください。
※空メールに返信がない場合、ドメインbookmag2.comを指定受信リストに設定してください。


全テーマ(カテゴリー)

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • HA: 会社組織で仕事を上手く進めていく指南書。 わかりやすく、自分のためになる本であった。 また、他の人にも勧めたい。 続きを読む
  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む
  • KH: Kindle読み放題が始まってから、先日ソムリエ様がまとめてご紹介下さった本を順番に読んでおります。 どれもいい本でしかも読み放題 続きを読む
  • sano: サラとソロモンを読んで、今まで以上に幸せな状態自分の心地良い状態とは一体どういったことなのだろう、何だろう?とさらに考えるようにな 続きを読む
  • (´・ω・`): 自分が買ったアイリスオーヤマの商品が2回連続で不良品の理由がこの概要でなんとなく理解できました、自分の場合は安物買の銭失いでした。 続きを読む