98点 / 97点 / 96点 / 95点 / 94点 / 93点 / 92点 / 91点 / 90点 /の書籍


タグ「堺屋太一」が付けられているもの

    「歴史の使い方」堺屋 太一

    歴史の使い方(日経ビジネス人文庫) (日経ビジネス人文庫 グリーン さ 3-6)posted with amazlet at 10.05.10堺屋 太一 日本経済新聞出版社 売り上げランキング: 5030Amazon.co.jp で詳細を見る 【私の評価】★★★★★(90点) ■歴史の使い方を教えてくれる一冊です。  堺屋さんは、万博をプロデュースしたことで  有名ですが、そのときは関ヶ原の戦いでの  石田光成を参考にしたようです。  まずは、コンセプトと大義名分が必要です。  万博なら国際化で...


    「泰平の守成と先見・日本を創った戦略集団」堺屋 太一他

    日本を創った戦略集団 (3) 【私の評価】★★★☆☆(73点) ■歴史小説でもなく、  面白くない歴史の教科書でもない、  社会人のために作られた歴史の教科書シリーズです。  この本は、徳川家が日本を統一した後の、  徳川幕府の側近集団の雰囲気がわかる一冊です。 ■歴史の教科書では、表面的な事実しか  教えてくれませんが、やはり社会人ともなれば、  それをどう解釈するのか、多くの人の意見を  自分なりに考えるのが面白いはずです。  歴史を学んでいれば、  日本の過去の侵略を批判する人もいても、 ...


    「組織の盛衰」堺屋 太一

    【私の評価】★★★★☆85点 ■著者紹介・・・堺屋 太一  1935年生まれ。大学卒業後、通産省入省。  日本万国博覧会、沖縄海洋博、サンシャイン計画を企画、推進。  1978年退官。執筆、講演活動を行っている。 ●元通産省の役人であり、日本帝国陸海軍に詳しい堺屋さんだけあって、  組織の硬直化の本質をずばり指摘しています。  腐敗した組織の状態を、『共同体化』と表現しています。  つまり、仲間の利益を優先する集団という意味です。  ・共同体化した組織では、構成員の目は内志向となり、共同体内部...


    「鬼と人と―信長と光秀」堺屋 太一

    鬼と人と―信長と光秀 (上巻) (PHP文庫)posted with amazlet at 10.04.25堺屋 太一 PHP研究所 売り上げランキング: 204214Amazon.co.jp で詳細を見る (私の評価:★★★★☆:買いましょう。素晴らしい本です) ●織田信長ほど、常識を突き抜け、  さまざまな評価を受ける人はいないでしょう。  鉄砲を使った合理的な戦闘集団を作り、  楽市・楽座で経済を活性化させる手法により、  天下統一にあと一歩に迫った改革者でした。  ・俺は・・・織田家累代...


    「組織の盛衰」堺屋太一

    組織の盛衰―何が企業の命運を決めるのか (PHP文庫)posted with amazlet at 10.05.10堺屋 太一 PHP研究所 売り上げランキング: 89737Amazon.co.jp で詳細を見る (評価:★★★☆☆:社会人として読むべき一冊です) ●サラリーマンをしていると、いろいろと悩むことがあると思います。  それは人事であったり、評価であったり、  組織の壁であったりするわけです。  そうして悩んだ末に自分の行動を決めるわけですが、  その判断に必要なのが人間がつくる組織...


1
QR_Code.gif
左記QRコードまたはこちらから、空メールを送信してください。
※空メールに返信がない場合、ドメインbookmag2.comを指定受信リストに設定してください。


全テーマ(カテゴリー)

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • おお: 最近、映画「ビリギャル」を再び見ました。 誇張の部分があるかもしれませんが、 私は素直に坪田先生とさやかちゃんに共感しました。 ど 続きを読む
  • HA: 会社組織で仕事を上手く進めていく指南書。 わかりやすく、自分のためになる本であった。 また、他の人にも勧めたい。 続きを読む
  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む
  • KH: Kindle読み放題が始まってから、先日ソムリエ様がまとめてご紹介下さった本を順番に読んでおります。 どれもいい本でしかも読み放題 続きを読む
  • sano: サラとソロモンを読んで、今まで以上に幸せな状態自分の心地良い状態とは一体どういったことなのだろう、何だろう?とさらに考えるようにな 続きを読む