「絶対絶命でも世界一愛される会社に変える!」石坂 典子

| このエントリーをはてなブックマークに追加

絶体絶命でも世界一愛される会社に変える! ―2代目女性社長の号泣戦記

【私の評価】★★★★☆(81点)


■テレビ朝日のダイオキシン報道で
 窮地に陥った埼玉県の
 産業廃棄物処理会社の
 再生ストーリーです。


 著者の会社は既に
 ダイオキシン対策済の新型焼却炉を
 建設して運転していました。


 ところが、この報道により
 焼却そのものへの反対運動が盛り上がり
 取引先も取引停止。


 やむなく建設2年で焼却炉を
 廃止する決定をします。


・1999年2月1日・・『ニュース・ステーション』
 (テレビ朝日系、当時)で、「汚染地の苦悩
 農作物は安全か?」という特集が放映・・
 埼玉県所沢市のホウレンソウをはじめとする
 「葉もの野菜」に、高濃度のダイオキシンが
 含まれていると報道されたのです・・
 後日、ダイオキシンが検出されたのは
 野菜ではなく、煎茶だったことが判明した
 のですが、時すでに遅し!(p3)


■そして、当時30歳の著者が社長となり、
 生き残りをかけて産廃処理会社を
 変えていったのです。


 まず、40億円を投資して
 リサイクルプラントを建設。
 すると住民から「サティアン」と
 呼ばれてしまう。


 5S、挨拶を徹底したら、
 古参社員が4割退社してしまう。


 周囲の同業者は、
 新米女性社長を「お手並み拝見」と
 見ているだけだったのです。


・仕事中のタバコを禁止し、
 ヘルメットの着用を義務づけ、
 二日酔いでの出社、
 サンダルやぞうりでの出社は厳しく叱りました。
 そして、挨拶を徹底させました(p78)


■厳しい(当たり前の?)社員指導と
 建設廃材リサイクルの波に乗り、
 会社は黒字化していきました。


 驚くべきは、敷地の8割が里山(緑地)で
 専属の6名が緑地を管理し、
 さらに別の8名が工場見学や環境教育を
 担当していることです。


 環境経営にこれだけ
 投資している会社は珍しいのでは
 ないでしょうか。


 石坂さん
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・「人の話を聞いて失敗したら後悔するけれども、
 自分で考えて失敗すれば後悔しない」
 と父は最初に教えてくれました(p63)


・社長になった半年間で4割の社員が退職。
 平均年齢55歳が、一気に35歳へと
 下ったのです(p83)


・社員が十分に満足するような給料を出し、
 社員たちが将来は子どもも働かせたいと
 思うような会社・・だからこそ里山再生という
 社会貢献活動を行い、地域に認められ、
 愛されることで石坂ブランドを確立
 したいのです(p202)


・森林は苗木を植えてから15年くらい経ち、
 木が成長してくると、互いの枝葉が重なって
 それ以上成長できなくなります。
 それで一部の木を間引き、残された木が
 成長できる空間をつくるわけです(p180)


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
blogranking.png


人気ブログランキングへ


絶体絶命でも世界一愛される会社に変える! ―2代目女性社長の号泣戦記
石坂 典子
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 21,590

【私の評価】★★★★☆(81点)

[Amazon.co.jpで購入する]

[楽天ブックスで購入する]



■目次

はじめに 所沢「産廃銀座」を立て直した女
第1章 なぜ、職人肌の父は、30歳の娘へ社長を譲ったのか
第2章 荒廃した現場で50代不良社員に立ち向かい、どうやって会社を変えたか
第3章 「地獄の3年間」から「おもてなし経営」へシフトした瞬間
第4章 東京ドーム3.5個分の8割が里山! 2割が工場! 見えないブランドをつくる「新・里山資本主義 」
第5章 どん底からでも利益を生み出す方法
おわりに 世界中から人が集う会社へ



にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村




この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読 スポンサードリンク
関連記事

>月別(2002年7月~)