「恐竜はなぜ鳥に進化したのか―絶滅も進化も酸素濃度が決めた 」ピーター・D. ウォード

| このエントリーをはてなブックマークに追加

恐竜はなぜ鳥に進化したのか―絶滅も進化も酸素濃度が決めた (文春文庫)

【私の評価】★★★☆☆(70点)


■動物の進化と、
 大気の酸素・二酸化炭素濃度との
 関連を考える一冊です。


 石炭が作られた時代(石炭紀)に
 酸素レベルは30%にまで上昇し、
 二酸化炭素レベルが急減しました。


 そのためなのか地球は
 寒冷化しています。


 酸素濃度の上昇に伴い
 動物、昆虫は巨大化しています。


・石炭紀という名前は、地球上で今日発見される
 石炭のほとんどがこの年代に起源をもつという
 事実からきている。この時代には、酸素レベルが
 目を見張るような形で上昇し、石炭紀の最後から
 次のベルム紀に入るところでは、酸素レベルは
 最終的に35%近くにまで登りつめ・・(p165)


■そして三畳紀に入ると、急激な酸素濃度の低下、
 二酸化炭素の濃度が上昇します。


 そして地上からは動物が
 いなくなてしまいました。


 そしてこの低酸素に適応した
 恐竜と哺乳類を育成することに
 なったらしいのです。


 そして恐竜の呼吸器は
 鳥類の呼吸器と似ており、
 鳥類こそが恐竜の祖先であると
 推察しています。


・鳥類において気嚢を入れ込むのに
 必要とされる特殊な骨の形状が、
 竜盤類恐竜の骨にもみられることを
 示した点にある・・同じ(あるいは相同な)
 骨に同じ形の空洞があるのである(p274)


■これだけ酸素濃度と、 
 二酸化炭素濃度が変わるのかと
 びっくりしました。


 でも酸素濃度が10%まで下がったのが
 3億年前ですから、けた違いの
 昔なのでしょうがないですね。


 ウォードさん、
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・鳥類が哺乳類にとって命取りの高さに
 存在できるだけでなく、
 この酸素の乏しい空気の中で、飛翔という、
 動物界で知られているかぎりもっとも
 極端な身体活動をおこなうこともできる
 という事実は、まったく不思議としか
 言いようがない(p10)


・カンブリア紀は主として三葉虫に影響を与えた
 一連の小規模な絶滅事件によって終わったのだが、
 この多様性の急落は束の間のことで、そのあとに、
 海にすむ動物の種類、ことに石灰質の殻を形成する
 生物の数の膨大な増加がつづいた。(p131)


・翅開張50cmのトンボの化石について書いた。
 75cmの翅開張をもつさらに大きなトンボの化石さえ、
 石炭紀には見つかっている・・
 翅開張48cmのカゲロウ、体長1m(あるいはそれ以上)
 のヤスデやサソリがあげられる(p176)


・2億5000万年前あたりで、
 途方もない規模の壊滅的な大量絶滅が、
 陸も海も同じようになめつくした・・
 地球上の全生物種の90%が絶滅したというのが、
 世界の生物多様性が受けた打撃だとみなされている。
 この事件がペルム紀絶滅である(p202)


・ペルム紀の絶滅の引き金となった
 大気成分の重要な二つの変化は、
 酸素濃度の急激な低下と二酸化炭素濃度の
 急激な上昇であった・・
 ペルム紀初期に達していた35%という
 最高の濃度から、三畳紀初期にはたぶん
 12%という低い値にまで、三分の二も
 下落したらしい(p208)


・いかなる哺乳類も、標高4200メートル以上では
 繁殖することはできない。そしてこの酸素レベルは
 ジュラ紀初期の酸素レベルに対応する(p341)


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
blogranking.png
人気ブログランキングへ


恐竜はなぜ鳥に進化したのか―絶滅も進化も酸素濃度が決めた (文春文庫)
ピーター・D. ウォード
文藝春秋 (2010-10-08)
売り上げランキング: 80,947

【私の評価】★★★☆☆(70点)



■目次

第1章 哺乳類の呼吸とボディ・プラン
第2章 地質年代における酸素濃度の変化
第3章 カンブリア紀大爆発はなぜ起こったのか
第4章 オルドビス紀―カンブリア紀爆発の第二幕
第5章 シルル紀=デボン紀―酸素量の急上昇が陸上進出を可能にした
第6章 石炭紀=ペルム紀初期―高酸素濃度・火事・巨大生物
第7章 ペルム紀絶滅と内温性の進化
第8章 三畳紀爆発
第9章 ジョラ紀―低酸素世界における恐竜の覇権
第10章 白亜紀絶滅と大型哺乳類の台頭
第11章 酸素の未来を危ぶむべきか?


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村




この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

スポンサードリンク

Googleのお薦め記事

>月別(2002年7月~)