「あなたを幸せにするお金のレッスン80」逢坂 ユリ

| コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたを幸せにするお金のレッスン80 (sasaeru文庫 あ 2-1)

【私の評価】★★★★☆(84点)


■モルガン・スタンレー、
 ゴールドマン・サックスと
 一流外資系企業で活躍。


 個人の不動産投資でも成功し、
 幸せな投資家 逢坂(あいさか)
 ユリさんの一冊です。


 ユリさんの言いたいことは、

お金を使って自分を磨こう!(p46)

 お金を自分の幸せのために使おう!

 ということです。


・年収が低い時こそ、
 せめて10%は自己投資に
 あててください(p86)


■もちろん、この世の中は
 お金がすべてでは
 ありません。


 ですから、
 自分が何を好きなのか、
 何をしたいのか、
 知ることが大切です。


 そのうえで、お金がないと
 好きなことができないから、
 しっかりお金を稼ぐ。


 稼いだお金は、
 自分の幸せのために使うのです。


・お金はあれば幸せというわけでは
 ありません。そして、ないことが
 不幸というわけでもない -
 大切なのは、あなたがお金に
 ふり回されない毎日を送るために、
 何をすべきなのかということです(p16)


■成功するためには、
 成功者を引き付けることも
 必要だとのこと。


 逢坂さんのような
 成功者を引き付ける
 魅力的な人になりたいですね。


 逢坂さん、
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・嫌だと思うことを書き出してみてください。
 それと逆のことをすれば、ものすごく
 幸せではなくても、何となく心地よく
 毎日を過ごせます(p21)


・幸せを手に入れることが出来た
 私の3つのルール・・
 1 情報は分かち合う
 2 お金は賢くドンドン使う
 3 人は愛するもの(p5)


・あなただけの「夢の3年ノート」をつくろう!・・
 あなたがお金を貯めて達成したい夢を、
 1番目から10番目まで優先順位をつけて
 書き出していきます(p40)


・成功者にかわいがられる・・・
 G=義理、N=人情、P=プレゼント・・
 謙虚に、努力をし続けながら、
 まずは自分の"スペシャリティ"を、
 磨くことから始めましょう(p59)


・「時計」と「靴」は
 上質なものを身につける(p26)


・『自分で学ぶ』ことを学ぶ・・
 週末に営業セミナーに通う人、
 毎晩図書館に通って仕事に関係のある
 新聞記事を過去まで遡って調べていた
 人もいました。私が知っている限り、
 彼らは役員クラスまで出世しいました(p155)


・自分の時間はお金で買える時代ですよ!・・
 家事代行サービスを雇って家事を頼むことも
 出来ます・・その対価を払って手に入れた
 貴重な時間で本の3~4冊は読んでしまうと
 決めればいいのです(p140)


・本物を体験するために
 自腹を切ろう(p116)


・資産運用をするためにまずすべきことは、
 金融経済の本を10冊読むこと(p196)


・夢を勝ち取る人は、
 20も30も同時に始めるのです・・
 簡単なこと、出来ることから
 どんどんやっていきます
(p131)


・お稽古事をいくつも掛け持ちするのは
 大賛成です。10種類くらいやってみて、
 1つでも残れば結果オーライ(p168)


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
blogranking.png
人気ブログランキングへ


いつも応援ありがとうございます


あなたを幸せにするお金のレッスン80 (sasaeru文庫 あ 2-1)
逢坂 ユリ
成美堂出版
売り上げランキング: 910,028

【私の評価】★★★★☆(84点)


■目次

【1章】 ランクアップで実感!お金に愛される人になる
【2章】 お金を使って実現!ワンランク上の自分になる
【3章】 実践!あなたが幸せになるお金の使い方
【4章】 クラス感を演出する自分磨き
【5章】 お金で時間を買おう
【6章】 節約は見えないところでしよう
【7章】 ほんの少しの勇気が、10年後のお金をつくる


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読 スポンサードリンク

コメントする

QR_Code.gif
左記QRコードまたはこちらから、空メールを送信してください。
※空メールに返信がない場合、ドメインbookmag2.comを指定受信リストに設定してください。


全テーマ(カテゴリー)

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • HA: 会社組織で仕事を上手く進めていく指南書。 わかりやすく、自分のためになる本であった。 また、他の人にも勧めたい。 続きを読む
  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む
  • KH: Kindle読み放題が始まってから、先日ソムリエ様がまとめてご紹介下さった本を順番に読んでおります。 どれもいい本でしかも読み放題 続きを読む
  • sano: サラとソロモンを読んで、今まで以上に幸せな状態自分の心地良い状態とは一体どういったことなのだろう、何だろう?とさらに考えるようにな 続きを読む
  • (´・ω・`): 自分が買ったアイリスオーヤマの商品が2回連続で不良品の理由がこの概要でなんとなく理解できました、自分の場合は安物買の銭失いでした。 続きを読む