「統一教会とは何か―追いこまれた原理運動」有田 芳生

| コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加

統一教会とは何か―追いこまれた原理運動

【私の評価】★★★☆☆(72点)


■霊感商法や芸能人も参加する合同結婚式で
 有名な統一教会の内幕です。


 どのようにして人を集め、
 教義を信じさせ、
 お金を出させるのか。


 そこは教義を信じさせるための
 セミナーが体系化されており、
 土地を担保に借金をさせ壺を売るのも
 マニュアル化されているのです。


・心の空洞につけ入るセミナーのシステム・・
 「ハートクリエーション」に続いて設定されるのが
 「グローイング」(18万5400円)というセミナーだ。
 土曜、日曜の二日間を泊まり込んで・・
 最初に「幸福になりたい」という決意表明を
 一人ずつ行わせる。メインとなるのは一日目の
 夜に行われる「ライフボート」という催し。
 これは乗っていた豪華客船が南太平洋で沈没する
 という設定のもとで、それぞれが船とともに
 死んでいく船長の役目を演ずる・・(p119)


■自分が堕落した、罪深い人間であると
 信じ込ませ、それを救ってくれるのが
 文鮮明教祖だ、などと信じ込ませる
 技術はすごいと思いました。


 こうした技術をよりよい活動に使えば、
 世の中も良くなるのだと思いますが、
 そうした人にはできない手法なのだと
 思います。


 有田さん、
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・エバ国家とは日本のことを指す。
 植民地統治を行なった日本は、
 被植民地国である韓国(アダム国)に
 従わなければならないと
 統一教会では教えられている(p42)


・霊能者役がやってきた。天道先生は母親に
 「病気の父親に因縁的な影響を与えているのは
 十二代前に植物人間になった先祖で、
 それは武士の殺傷因縁のためだ。・・
 その因縁を絶つためには、不動産を担保に
 借金して土地を浄めるために神側(統一教会)
 に使ってもらうことだということだ(p60)


・文鮮明来日の便宜を図ったのは、
 自民党副総裁の金丸信なのであった。(p85)
 

・その後、私は統一教会の指示により、
 東北地方で印鑑や壺の販売活動に
 従事させられました。その方法は、
 すべてアベルからの指示やマニュアル
 どおりです。嘘をならべて、その人の
 財産のすべてを統一教会に捧げさせるのです(p144)


・韓国の統一教会には日本のような
 献身制度はない。統一教会員とはいっても、
 教会長となるか、公職と呼ばれる教会の
 関係団体の職員となるか、統一グループの
 企業に就職するか、もしくは日曜日に礼拝に
 行くのみか(これが圧倒的に多い)、
 自分の意思で選択するのだ(p196)


・クロージングトーク・・教師の因縁清算トークである。
 トークはゲストの財産などの状況によってHG
 (教会が一時的に借りて返済する現金)になったり
 SK(献金、献納)になったりする。HGは
 教会に土地で貢献することによって人の恨みが
 ついている土地が清まり因縁清算ができると
 借入を強要するが真の目的は献納化である(p232)


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
blogranking.png
人気ブログランキングへ


いつも応援ありがとうございます


統一教会とは何か―追いこまれた原理運動
有田 芳生
教育史料出版会
売り上げランキング: 517,187

【私の評価】★★★☆☆(72点)



■目次

序 統一教会は何を狙っているか―桜田淳子・山崎浩子騒動の真相
1 統一教会に何が起こっているか―国際合同結婚式の背景
2 統一教会の知られざる素顔
3 統一教会元信者の手記
4 資料篇


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読 スポンサードリンク

コメントする

カテゴリー評価別

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • TOK: 平和です 続きを読む
  • TOK: 私は咽頭がんでした がんとは老化ですか こころが軽くなりました  続きを読む
  • おお: 最近、映画「ビリギャル」を再び見ました。 誇張の部分があるかもしれませんが、 私は素直に坪田先生とさやかちゃんに共感しました。 ど 続きを読む
  • HA: 会社組織で仕事を上手く進めていく指南書。 わかりやすく、自分のためになる本であった。 また、他の人にも勧めたい。 続きを読む
  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む