「そもそも、何を話せばいいかわからない人のための雑談術 どんな相手とも会話に困らない40のルール」櫻井 弘

| コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加

そもそも、何を話せばいいかわからない人のための雑談術 どんな相手とも会話に困らない40のルール

【私の評価】★★★☆☆(75点)


■雑談が得意な人は、
 相手に話をさせる人です。


 雑談の得意な人は、
 相手の食い付く話題を
 知っています。


 そのために、
 いろいろと話題を振って
 相手の興味を探るのですね。


・「この話題を投げかければ、
 相手がたくさん話してくれるかもしれないな」
 という話題を先に振れば、こちら側が
 利き手になれるような雑談が始まる
 可能性は高くなるわけです(p32)


■無口な人でも、
 こちらから一声かけたり、
 自己開示すると
 相手も少しずつ話しはじめます。


 こうした雑談を
 気軽に始めるためには、
 日頃の訓練が必要です。


 定型的な挨拶に
 一言加えることから
 始めてはどうでしょうか。


・コンビニでは・・「ありがとう」と言おう
 レストランでは、「おいしかったです。
 ごちそうさまでした」と、
 感想をひと言言おう(p215)


■話し方というものは、
 やはり訓練が必要だと
 思いました。


 それは、家族との
 食卓での雑談だったりします。


 桜井さん、
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・秋田県で6人きょうだいの末の娘として
 生まれました。山本と申します。
 仕事は営業をしています(p45)


・親睦を深める秘訣は
 「いま」について聞くこと(p68)


・「共感」の意思は、
 "あいづち"を打つことによって
 相手に伝わるものです(p104)


・毎日起こったことを3行程度で、
 簡単に要約しよう(p225)


・家族に、1日の出来事について
 聞いてみよう(p228)


【私の評価】★★★☆☆(75点)



楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
blogranking.png
人気ブログランキングへ


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村


■目次

第1章 これで誰とでも楽に話せる! スッと打ち解けられる雑談の始め方
第2章 相手がどんどん乗ってくる! みんなに興味をもってもらえるテーマの選び方
第3章 リアクションは言葉でなくても大丈夫! 距離が縮まる聞き方
第4章 こうすれば、自分から話さなくても会話がはずむ! 質問の仕方
第5章 初対面でも仲良くなれるテクニック! ネタの仕入れ方
第6章 会話の悩みがなくなる! 今日からできる! 雑談力トレーニング



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読 スポンサードリンク

コメントする

QR_Code.gif
左記QRコードまたはこちらから、空メールを送信してください。
※空メールに返信がない場合、ドメインbookmag2.comを指定受信リストに設定してください。


全テーマ(カテゴリー)

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • おお: 最近、映画「ビリギャル」を再び見ました。 誇張の部分があるかもしれませんが、 私は素直に坪田先生とさやかちゃんに共感しました。 ど 続きを読む
  • HA: 会社組織で仕事を上手く進めていく指南書。 わかりやすく、自分のためになる本であった。 また、他の人にも勧めたい。 続きを読む
  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む
  • KH: Kindle読み放題が始まってから、先日ソムリエ様がまとめてご紹介下さった本を順番に読んでおります。 どれもいい本でしかも読み放題 続きを読む
  • sano: サラとソロモンを読んで、今まで以上に幸せな状態自分の心地良い状態とは一体どういったことなのだろう、何だろう?とさらに考えるようにな 続きを読む