「人生が変わる!賢いお金の使い方」逢坂 ユリ

| コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加

人生が変わる! 賢いお金の使い方 (ソフトバンク文庫)

【私の評価】★★★★★(94点)


■モルガンスタンレー、ゴールドマンサックスで
 活躍し、個人の不動産投資でも成功し、
 お金と幸せを両立している
 逢坂(あいさか) ユリさんの人生哲学です。


 ユリさんの考え方は、
 お金を貯めるよりも、
 自分の能力を貯めるということ。


 お金を稼ぐ力があれば、
 いつでも、どこでも
 生き残ることができるのです。


生きる力、稼ぐ力さえあれば、
 ずっとお金に困らないで、
 どんな環境でも豊かに生きていけるもの。
 だけど、そういうノウハウは、
 こつこつ節約や貯金だけしている人には
 絶対に身に付かない(p21)


■そのためには、学ぶことと、
 実践することが必要です。


 ユリさんは個人で株式投資、
 不動産投資を学び、自己資金で
 投資をしています。


 その学び実践する姿勢は、
 何百の書を読み、セミナーに出席し、
 何百の不動産を見るという行動に
 すべてが示されています。


・株式投資を始めたときには、
 株の本を300冊以上読破した・・
 不動産投資のときには、
 本だけで100冊以上は読んだし、
 それから、有料セミナーにも
 数多く通ったわ(p43)


■ユリさんの行動力に
 脱帽しました。


 ここまでやれば
 まず失敗しないだろうという
 ところまで努力していることが
 わかりました。


 知識だけではだめで、
 圧倒的な量の行動が
 大事なのですね。


 逢坂さん、
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・人間が生きていく上での
 7割ぐらいの悩みや不安は、
 お金があれば解決できる(p3)


・「またお会いしたい」と思う相手には・・
 相手の趣味に合いそうな絵ハガキを
 送る
ことにしていたの(p40)


・「相手の好意は七つ甘えて三つ返す」
 といわれるように、
 3割返しが円滑な人間関係のコツ(p57)


・払う瞬間に「良かったな」「うれしいな」
 と満足感を得られることにのみ、
 お金は使うべきなの・・
 払う瞬間に「うれしいな」という
 気持ちが湧かないようなら、
 それは何かが間違っているというシグナル(p72)


・外食も一人なら、はなまるうどんの
 「かけ小」1杯105円で十分満足・・
 年に数回、正装して銀座や青山の
 高級レストランで友人と食事・・
 お金は極端な使い方をしたほうが、
 感動も大きいし、記憶にも残るでしょう?(p136)


・私が旅行をすすめる最大の理由は、
 仕事にも直接結びつくからよ。
 「○○国でこんな経験をしたんです」・・
 実体験で話す人のほうが
 ずっと魅力的に感じるでしょ(p193)


・いちばん良くないのは、
 「これが済んだらやろう」と思って
 先送りすること。
 そんなことしてたら一生できないわよ・・
 いつでもいやならやめちゃえばいいんだ(p215)


人生が変わる! 賢いお金の使い方 (ソフトバンク文庫)
逢坂 ユリ
ソフトバンククリエイティブ
売り上げランキング: 516,332

【私の評価】★★★★★(94点)


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
blogranking.png
人気ブログランキングへ


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村


■目次

第1章 お金は節約するより賢く「使う」
第2章 あなたが気づかない「ムダ使い」の恐怖
第3章 「浪費」を「投資」に変えるコツ
第4章 「今」の自分にお金を使う!
第5章 将来に向けてお金をいくら使っていますか?



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読 スポンサードリンク

コメントする

カテゴリー評価別

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • おお: 最近、映画「ビリギャル」を再び見ました。 誇張の部分があるかもしれませんが、 私は素直に坪田先生とさやかちゃんに共感しました。 ど 続きを読む
  • HA: 会社組織で仕事を上手く進めていく指南書。 わかりやすく、自分のためになる本であった。 また、他の人にも勧めたい。 続きを読む
  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む
  • KH: Kindle読み放題が始まってから、先日ソムリエ様がまとめてご紹介下さった本を順番に読んでおります。 どれもいい本でしかも読み放題 続きを読む
  • sano: サラとソロモンを読んで、今まで以上に幸せな状態自分の心地良い状態とは一体どういったことなのだろう、何だろう?とさらに考えるようにな 続きを読む